NEW

プロのサッカー選手は、チームトレーニング以外でどんなトレーニングをしているのか

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、サッカー選手とチームトレーニング以外の時間での、クラブハウスやジムでのトレーニングの内容についてお話ししていきたいと思います。


サッカー選手のトレーニングは、ポジション、年齢、目的、環境などにヒョッて内容が大きく変わると思います。また、チームのトレーナーさんのアドバイスによっても変わってくると思います。

大きなくくりでお話しすると、選手の目的は

【試合中のパフォーマンスの向上】

これにつきます。

ただ筋肉をつけたり、よい身体になるのが目的ではなく、場合によってはつけない方が良い筋肉の部位などもあります。

たとえば、GKの私は、胸筋はあまりつけないように指導を受けていました。
理由は、キャッチングやセービングの腕の動きの妨げになってしまうから。

ですので、ベンチプレスなどは、現役の時は、軽い重さを瞬間的にバッと持ち上げる、速筋を鍛えるような形でしかやってませんでした。

ですので、目的が
「どこの筋肉に効かせたい」
ではなく、
「この動きにキレを出したくて、そのためにここの筋力が足りないから、このトレーニングをする」
といったメニューの組まれ方が多いです。

体幹トレーングを取り組む選手が多いのは、体幹が身体を動かすすべての動きに効果的だからです。

加えて言えば、試合中に意識しなくても体幹をしっかり使えたり、無意識にバランスが整った状態でパフォーマンスを発揮するために、行っています。

意識の高い選手は、たとえばチームトレーニングが10:00からおよそ90分だとして、1時間くらい前にクラブハウスに来て

刺激を入れるトレーニング
身体を起こすためのトレーニング

練習後は、そのままクラブハウスでやっていってしまう選手もいますし、昼食をとってから、少し時間を開けて15:00とか16:00くらいからパフォーマンス向上のためのトレーニングを行う選手もいます。


内容としては、練習前が

・体幹トレーニング
・ゴムチューブ
・バランスボールを使ったトレーニング

※体幹トレーニングも、動きの伴う動的な体幹トレーニングに取り組んでいる選手が多いです。

練習後は

・器具を使った、フィジカル的なトレーニング
・体幹トレーニング
・身体の動きの改善や、調整のためのオリジナルのトレーニング

このようなスケジュールが一般的だと思います。


監督によっては、チームトレーニングがめちゃくちゃハードで、リカバリーと言われる回復のためのトレーニングくらいしか出来なかったり、許可がでない監督もいます。

私もいろんなチームでプレーしてきましたが、ハードなトレーニングを毎日行うチームでは、疲労回復で目一杯で、自主トレはなかなか出来なかったです。


いつも読んで下さり、ありがとうございます。

このような観点からも、私のパーソナルトレーニングでは、得意分野としては、

●スタイルアップ
●体脂肪コントロール
●コーディネーション
●動作の向上
●生活や食事のアドバイス

になります。
フィジークの筋肥大、パンプアップなどももちろんお手伝いできますが、競技志向の方のサポートが強いと思います。

ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

明日は、引き続きトレーニングスタート時のメニューなどをご紹介していきます。
よろしくお願いします。

プロのサッカー選手は、チームトレーニング以外でどんなトレーニングをしているのかのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ