NEW

腹筋種目「ドラゴンフラッグ」は効果ない!?その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンフラッグとは、運動軸を頭側として、そこのみをベンチ(または床)に接地させ、それ以外の体はほぼ一直線に固定させたまま、足をベンチすれすれのところ(または床スレスレのところまで)下ろし、そして床に対して体が垂直になるところまで戻す。この動作を繰り返すことにより、お腹まわり全体に刺激を与えていく腹筋種目です。

前回はドラゴンフラッグの際に起こりやすい腰を反るドラゴンフラッグについてみてきました。

今回は起こりやすいもう1つの動作についてみていきたいと思います。

体を折ってから体を起こしていくドラゴンフラッグ

ドラゴンフラッグを行う際の、もうひとつのポイントとして、脚を自分の方に引き寄せる股関節屈筋の動作になっていないかです。

これは腹筋下部をエクササイズする上で注意するポイントと同じなのですが、

腹直筋下部の役割は

おしり(臀部)を持ち上げることであって、もも(大腿)を持ち上げることではありません。

ももを引寄せる筋肉は、股関節の屈筋(腸骨筋、大腰筋)です。

ももを持ち上げるような動作では、脚が使われてしまうのです。

「おしり(臀部)を持ち上げようとすることであって、もも(大腿)を持ち上げることではない」というレッグレイズなどの脚を持ち上げる系の腹筋の筋トレ動作についてのポイントを確認した上で、

以下の写真をみていきましょう。写真ではお尻よりも下、腿(もも)の付け根で折れ曲がっています。

これでは腹筋下部への刺激は逃げてしまいます。

ドラゴンフラッグでは、足を床、または、ベンチに下ろしていった後、体を垂直になるところまで戻していきますが、一直線のまま戻していくからこそ、腹筋に刺激が行き続けるのです。

ドラゴンフラッグを行う上で、ただ行うだけでなく、腹筋にしっかり刺激を与えるためには、一直線に下ろし一直線に上げること、もしくは股関節からではなく体幹から体を折り曲げていくことです。

見た目的には、腰を反ったり、膝を垂らした方がインパクトは強いですが、腹筋主体で刺激を与えていくならば、

・腰を反る側の筋肉を使わない。

・膝を垂らしトルクを短くしない。

・脚を体に引き寄せるような股関節屈曲動作にならないようにする。

以上に気をつけながら、ひたすら体を一直線に下ろしていき、ひたすら一直線に上げていくこと、もしくは反るにしても腹直筋が引き伸ばされるかたちでみための反りであること(腹直筋は後方へ20度ほど反れる)が効果を出すためのポイントになってきます。

ぜひ参考にしてみてください。

腹筋種目「ドラゴンフラッグ」は効果ない!?その2のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ