NEW

生理痛に悩んでいる方はよーく見てください!!

こんにちは!
fitbox登録トレーナーのふっかです☺

 

今回は

 

生理痛

 

について書いていきたいと思います。

 

女性に毎月あるお腹の痛み…お客様にもよくご相談を受けることが多いです。

中にはパーソナルセッションはもちろん、仕事にも行けないという話もよく聞きます。

男にはその痛みの辛さはわかりませんが、どの程度いたいのかは何となくお察しできます。

また、僕らトレーナーが生理痛で悩んでいる方に対してできるアプローチとしては


”栄養療法”


しかありません。

ですので、今回は生理痛の痛みの軽減を栄養学的観点からアドバイスさせていただきたいと思います☺

 

 

生理痛の痛い人・痛くない人の違いは??

これは個々人の”痛みの閾値”の違いにかかわってきます。

『閾値』とは、ある一定のラインまできたら痛みが発するというそのラインのことをいいます。

例えば、生理痛に関して痛みレベルが0~100である場合に、30でうずくまるほど痛い…という方もいれば、70でも特にぴんぴんしていられる、という方もいます。

このように個々人によって痛みが来るレベルが違うため、生理痛の差が生まれる場合もあります。

 

生理痛が痛い人の特徴は??

生理痛が痛い人の特徴としては以下が挙げられます。

●砂糖が好き

●アルコールが好き

●肉が好き

生理痛で悩んでいるそこのあなた、なにか1つは必ずといっていいほど当てはまりませんか??笑

ぼくのクライアント様でも生理痛に悩んでいる方は上記の3つのどれか1つは必ずあてはまりました。

もちろん、これらはすごくおいしいですし、僕だって好きです。(アルコールはそんなに好きじゃないが。笑)

が!!

炎症物質を作り出すという事実もあります!

 

炎症物質とは読んで字のごとく、『炎症をつくる物質』のことをいいます。

特にお肉の脂はオメガ6という不飽和脂肪酸の種類に分類できます。

オメガ6はすごく重要な脂肪酸ではあるのですが、日本人は摂りすぎている傾向にあります。有効利用されなかったオメガ6はアラキドン酸という物質に変化し、それがのちにプロスタグランジンという炎症物質へと変化します。

また砂糖を大量に摂取すると血管の拡張が起きます。血管の拡張が起こるとヒスタミンという物質が分泌されます。これも炎症物質の1つです。砂糖はこれ以外にも身体にかなり悪影響を及ぼすのでまた別の記事でご紹介させていただきます^^

アルコールは体内で最終的に水に分解sれるのですが、その過程でアセトアルデヒドという物質に一度変換されます。アセトアルデヒドに分解されたタイミングで砂糖と同じくヒスタミンが分泌されてしまいます。

 

要するに上記の3つのどれかが好きな方は生理痛が痛くない人に比べて

体内における炎症物質の量が多い

ということも考えられるのです!


では、どんな栄養素を摂取すれば生理痛は軽減するのでしょうか??


それは次回の記事でご紹介いたします☺

では次回の記事もお楽しみに!!

ただいま新規のお客様を募集しております。

(対応はコロナウイルスが落ち着いてからになると思われるので今のところは未定ですが…)

筋力アップ、姿勢改善、肩こり腰痛改善、ボディメイク、食事改善指導、タイ古式マッサージなどいろいろなコースをご用意しておりますので、ご興味ある方はお気軽にご連絡くださいませ☺

ご連絡は下記の公式LINE@からメッセージいただけるとすぐにご対応できます。

パーソナルトレーナーふっかの公式LINE@


ご連絡お待ちしております^^

Pick Up

生理痛に悩んでいる方はよーく見てください!!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ