NEW

トレーニングをしてもなんかイマイチな人へ〜重量重すぎ〜

【この記事のキーワード】

重量は重ければ重いほど良いのか?という質問に対して私がいつも言う答え。

できるなら。

です。がっかりされた方はごめんなさい。


重量や回数、メニューは目的によってガラリと変わります。
目的には目的に合った動きがありますよね?


例えば大きな肩を作るためのショルダープレスだったり、
1gでも重たいスクワットを上げるためのスクワットだったり。


それらの動きをしっかり再現できるなら、重い方がイイでしょう。

しかしそれでも高重量ばかり扱っているとフォームの乱れやケガにつながりやすいです。
それを踏まえた上での『できるなら』になります。


初心者さんや新しい種目に挑戦するとき、フォーム研究中の時などの重量設定は難しいと思いますが、最初は軽いのが正解。

軽いのが完璧にコントロールできなければ、重いのなんて絶対できません。
完璧なコントロールに負荷をかける、トレーニングの大切なルールです。


人間の身体は慣れたら早いですから、焦らずやっていきましょう。

トレーニングをしてもなんかイマイチな人へ〜重量重すぎ〜のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ