NEW

花粉症の改善を栄養面から考えよう!!

こんにちは!
fitbox登録トレーナーのふっかです☺

 

今回は

 

花粉症を栄養面から改善する方法

 

について紹介します!!

毎年春になると花粉症で悩まされる方多いですよね。

花粉症がつらいからと言って薬にばかり頼っていたら年を追うごとに辛さは増していく一方だと思います。

薬に頼るのではなくて、【花粉症には何がいいのか】と栄養面からしっかりと向き合ってアプローチしていく必要があります。栄養面からアプローチすることができれば最終的には完治するのも夢ではないかもしれませんよ!

それではどんな栄養素が花粉症には効くのか、さっそく紹介していきたいと思います^^

 

そもそも花粉症ってどうしてなるの??

そうですよね。まずここがわからないと改善のしようがないですよね。

花粉症のよくある症状のくしゃみや鼻水、かゆみなどはすべて抵抗反応なんです。抵抗反応というのは普通は身体にいい反応なのですが、花粉症の症状の場合は”過度に反応してしまっている”のです。

これは腸内が炎症を起こしていることが原因になるのですが、以下の食品・栄養素を多く摂取していると炎症を起こしやすくなってしまいます。

●小麦粉

●乳製品

これらはれっきとしたアレルギー物質であり、小麦粉に含まれるたんぱく質であるグルテンに関しては小腸にべったりと張り付いて小腸の本来の機能を破壊します。

それによって普段は体内に入ることのない大きい分子まで体内に入り込んできてしまい、花粉症が発症するわけです。

 

花粉症に効く栄養素

花粉症に効く栄養素は以下の2つです。

●オメガ3

●ビタミンC

 

オメガ3

オメガ3は魚やナッツ類に多く含まれている栄養素ですね。オメガ3は必須脂肪酸といってオメガ3, 6, 9と3種類に分けられています。この必須脂肪酸というのは人間の生命活動において絶対に必要な脂肪酸なのですが、そのなかでもオメガ6は摂りすぎてしまうと逆に身体に害を及ぼしてしまうのです。オメガ6の摂りすぎはプロスタグランジンという炎症物質を体内で生成してしまうのです。そこでオメガ3の出番です。オメガ3は炎症物質であるプロスタグランジンを破壊してくれる働きがあるのです。なのでオメガ3を意識して摂取してみると体内のプロスタグランジンを破壊してくれるので炎症が収まりやすくなる、ということも考えられますね。

 

ビタミンC

ビタミンCはヒスタミンと呼ばれる炎症物質を相殺する作用があります。ヒスタミンはアルコールや砂糖の摂取のしすぎで生成されます。しかし、この際ビタミンCは1日当たり5~10g近く摂取しないといけないというエビデンスが出ています。ですので摂取する場合は1日3時間おきくらいに2gずつ摂取してあげればいいと思います。
例)8時、11時、14時、17時、20時、23時に各2gずつ。計10g

 

上記2つの栄養素を毎日の食事・間食に取り入れ、腸内の炎症を改善し、花粉症の完治を目指しましょう^^

ぼくのパーソナルトレーニング・食事指導ではこのような情報も提供させていただいております。

より詳しい内容やカウンセリング・初回体験などのお問い合わせは下記の公式LINE@から受け付けております。お気軽にご連絡ください☺

 

それでは次回の記事もお楽しみに!!

ただいま新規のお客様を募集しております。

(対応はコロナウイルスが落ち着いてからになると思われるので今のところは未定ですが…)

筋力アップ、姿勢改善、肩こり腰痛改善、ボディメイク、食事改善指導、タイ古式マッサージなどいろいろなコースをご用意しておりますので、ご興味ある方はお気軽にご連絡くださいませ☺

ご連絡は下記の公式LINE@からメッセージいただけるとすぐにご対応できます。

パーソナルトレーナーふっかの公式LINE@


ご連絡お待ちしております^^

花粉症の改善を栄養面から考えよう!!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ