NEW

トレーニングの原理原則 原則編

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはトレーナーのTAKAです。


前回はトレーニングの原理についてふれましたが

今回は原理原則の原則についてふれていきます。


こちらもトレーニングの効果をあげるためには必要な基本ルールです。


ただやるよりこの原則を頭に入れてトレーニングする。しないは大違い。。

まず

1.全面性の原則

全身をバランスよく均等にトレーニングすることが大切である。ただし、1箇所ずつオールアウトさせる。


すべてのスポーツや競技の基礎となるすべての体力要素(筋力、筋持久力など)を

全体的に高めるトレーニングを行なうことを全面性の原則と言います。


2.意識性or自覚性の原則

トレーニングの目的を自覚し、トレーニングしている部位に意識をする。


トレーニングの内容や目的どうゆう意識でトレーニングを行なうのかを理解して

積極的にトレーニングに取り組むと良いという原則です。


3.漸進性の原則

筋力は超回復によって少しずつ高まる。筋力の向上にともなって、負荷をあげていく必要がある。あせらず、諦めずに続けることが結果に繋がる


過負荷の原理に沿って普段以上の負荷を筋肉に与えても、同じ負荷同じ回数をいつまでも

続けていると、体が慣れてしまいいくらトレーニングを行なっても体に変化が起こらなくなります。

そこで、体が負荷に慣れてしまったら今までの負荷(重量)よりもさらに負荷を上げることで

また筋肉は大きくなって行きます。

このように、負荷に慣れたら負荷を上げることを繰り返し

少しづつ扱える重量や回数を増やして行くことを漸進性(ぜんしんせい)の原則と言います。

4.反復・継続性の原則

トレーニングはある一定期間以上、定期的、継続的に行う必要がある。


トレーニング効果が現れるのには3ヶ月以上続ける必要があると言われています。

技術的なものにしろ体力的なものにしろトレーニングは継続的に行なうことで

その効果が得られるという原則。

目に見える効果を得るには単発的なトレーニングでは得られず

長期間にわたり続ける事が大切です。


5.個別性の原則


人それぞれ体力レベルや技術レベルが違うため、同じトレーニングメニューをこなすのは

ケガなどの観点からも良くありません。

個々人の能力やレベルに合わせたトレーニングメニューを行わなければなりません。

以上が

5大原則です。

是非参考にしてみて下さい♪

トレーニングの原理原則 原則編のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ