NEW

なぜ小麦粉が悪いと言われているのか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はなぜ小麦粉が悪いとされているのかお話していきます⭐︎

小麦粉に含まれるグルテンと言われるアレルギー物質が、小腸の絨毛(栄養の吸収するひだ)の部分に作用し、リーキーガット症候群という炎症を引き起こします!名前の通り、小腸の幕を緩くしてしまい、通常は通ることのできない物質も通ってしまい、アレルギーを引き起こすと言われています!

妊婦の方などは産まれてくる子供がアレルギー体質になってしまう危険性もあるので、今はまだアレルギーは出てないからといって、油断はできません。

古代小麦といって、品種改良や、農薬を使わずに栽培されていた、昔の小麦より、現在では現代小麦といって品種改良されているものが増えています。

この2つともグルテンは含まれていますが、圧倒的に古代小麦の方がアレルギー発症のリスクは抑えられます。

このことからグルテンフリーを推奨しているとされています!

 

 

なぜ小麦粉が悪いと言われているのか!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ