NEW

デスクワークの方が気を付けるべきポイント①

こんにちは!
fitbox登録トレーナーのふっかです☺

 

今回は

 

デスクワークの方が気を付けるべきポイント

 

について紹介していきたいと思います。

 

そして今回は”下半身”にフォーカスしてポイントを紹介していきます。

ポイントを紹介する前にみなさんに1つ質問をします。

世界の座位時間ランキングにおいて日本人は何位だと思いますか?

なんとワースト1位でございます🥶

1日の平均座位時間が7時間です。

1日の約3分の1は座っているということになりますよね。となるといろいろ身体に弊害も出てきそうですよね。現にでてるからこのような記事を書いているんですけれどね(笑)

それではさっそくデスクワーカーが気を付けるべきポイントをご紹介していきたいと思います!


同じ姿勢を続けるな!

同じ姿勢を続けていていいことは正直1つもないと思います。

自分の中で集中モードに入っていて仕事がはかどる!とかであればその邪魔をしようとは一切思いません。しかし、仮に一定時間集中力が続かないなどの悩みがある方であれば同じ姿勢をずっと続けている必要性はないと思います。むしろ、定期的に立ち上がったり歩いたりして気分転換したほうがいいと思います。

ずっと座っていることのデメリットとして下記のことが挙げられます。

①お尻が圧迫されているので筋肉が固まりやすい

②股関節、膝関節が常に曲がっている状態なので血液やリンパが詰まりやすい

③座っている姿勢次第では骨盤がずれる

 

では1つ1つ説明していきましょう。

①お尻が圧迫されているので筋肉が固まりやすい

→座っているときは体重のほぼすべてがお尻に集中してかかります。よって大殿筋やハムストリングスなどの筋肉が圧迫されやすくなります。するとそこに走っている神経やその周辺の血管の圧迫などを招く恐れがあります。

お尻には坐骨神経という大きな神経が通っていて、坐骨神経が圧迫されることで坐骨神経痛という腰の痛みから下肢のしびれにつながるような症状を誘発してしまう場合もあります。

 

②股関節、膝関節が常に曲がっている状態なので血液やリンパが詰まりやすい

→座っていると股関節や膝関節は常に曲げた状態ですよね?血管はもちろんなんですが、リンパ管は特に股関節と膝関節の裏当たりに多くあります。血管とリンパ管が詰まると指先まで血がいきわたらなくなり、冷えやむくみの原因につながります。

デスクワークの方、下半身のむくみや冷えで悩んでいませんか?
それはこれが原因だと思われます。
その解消方法は”下半身のむくみを解消する方法”という記事に載せておりますので、そちらも参考にしてください^^


③座っている姿勢次第では骨盤がずれる

→長時間座っていると骨盤が後傾する恐れがあります。①で説明したとおり、長時間座ることで大殿筋やモモ裏のハムストリングスを強く圧迫します。これらの筋肉は骨盤後傾筋と呼ばれていて、拘縮(硬くなる)すると骨盤を後傾させてしまう性質があります。また、常に背筋を伸ばして作業をしている方はかなり少なく、背筋が丸まった状態で仕事する方もいますよね。それも結局は骨盤の後傾を招く原因の1つとなります。

 

ざっとあげただけでもかなりのデメリットがありますね。

ずっと座っていることには大きなメリットは特にないということがわかります。

次にデスクワークの方がどんなことに気を付けたほうがいいのか?についてご紹介していきたい……のですが、長々と書きすぎるのは情報量が多くなってしまうので次回の記事で書きますね☺

 

次回の記事も要チェック!!

ただいま新規のお客様を募集しております。

(対応はコロナウイルスが落ち着いてからになると思われるので今のところは未定ですが…)

筋力アップ、姿勢改善、肩こり腰痛改善、ボディメイク、食事改善指導、タイ古式マッサージなどいろいろなコースをご用意しておりますので、ご興味ある方はお気軽にご連絡くださいませ☺

ご連絡は下記の公式LINE@からメッセージいただけるとすぐにご対応できます。

パーソナルトレーナーふっかの公式LINE@

ご連絡お待ちしております^^

デスクワークの方が気を付けるべきポイント①のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ