NEW

なぜ肉より魚の方が健康に良いのか?

今回は肉よりも魚が健康に良いとされているのかお話ししていきます⭐︎

肉の脂はオメガ6という飽和脂肪酸という分類となります!

こちらの脂肪はメリットもありますが、デメリットの方が多いと思います!

オメガ6は体内でリノール酸→アラキドン酸→プロスタグランジ(炎症反応)という流れで、体を酸化させて、あらゆる炎症を促進してしまうのです。

花粉症であったり、生理痛の誘発や悪化の原因となるんです!

何より、体を酸化させてしまうことで、シミ シワといった老化を早めることにも繋がります!

次に魚はなぜ良いとされるのか、魚の脂質はオメガ3と言われる不飽和脂肪酸であり、必須脂肪酸といって、摂取した方が良い油となります!

そして、魚にはアルギニンが多く含まれていて、こちらは成長ホルモンの分泌を促してくれたりもするのです!

生理痛などがひどい方は肉類を控えて、魚や大豆からタンパク質を摂ることで炎症を抑えることが出来ると言うことです!

外国産の肉類は筋弛緩剤や遺伝子組み換えのエサで育てられるものが多く、これを取り続けると癌のリスクを上昇させてしまいます!

こういったことから魚介類からのタンパク質摂取をおすすめしています!

なぜ肉より魚の方が健康に良いのか?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ