NEW

デスクワークの方が気を付けるべきポイント②

こんにちは!
fitbox登録トレーナーのふっかです☺

 

今回は前回の続きの

 

デスクワーカーが気を付けるべきポイント

 

の続きをご紹介します^^

 

前回は同じ姿勢を長時間続けるとよくないよ、ということをお伝えいたしました。

では同じ姿勢を続けないためにどんなことをすればいいのか、はたまた同じ姿勢をとらずにどのように仕事をすればいいのか、などをご紹介していきたいと思います。

 

定期的に姿勢を変えるべし!!

ずっと仕事中などに座りっぱなしの姿勢の方は前回もお話ししたように体内の血流などが滞ってしまい、しびれや冷えなどを誘発する原因になってしまいます。また前回は下半身に着目したので触れませんでしたが、長時間のデスクワークは首や肩回りにも影響を与えます。首や肩回りが硬くなると脳に酸素がいきにくくなり、集中力がきれたり眠くなったりする原因の1つとなります。そんな状態でずっと仕事をしていてもはかどるわけがないですよね!それなら開き直って1度姿勢を変えましょう!!

 

私がおすすめする姿勢を変えるタイミングですが、『〇〇をするとき』についでに姿勢を変えたり15分∼30分おきに姿勢を変えたり…とはじめはなにかきっかけになるタイミングをわざと作ってもいいと思います^^

『トイレに行く』、『コピーをしに行く』、『30分経ったなー』とかなにかのきっかけがあるごとに姿勢を変えていくと意外と脳もすっきりしてその後の仕事がはかどるなんて言う場合もあります☺

 

 

立って仕事をする

アメリカの大手インターネット会社のappleでは全社員にスタンディングデスクが支給されたほど。立って仕事をすれば股関節や膝関節を曲げることがないため、冷えやむくみになるリスクが大幅に減ります。立位のほうが血液の循環はスムーズにいきますし、なにより眠くなりにくくなりますよね。また、仕事がひと段落付くタイミングでカーフレイズというふくらはぎのトレーニングを行ってみてください。

(カーフレイズのフォームの参考はこちらから:https://smartlog.jp/71141)

ふくらはぎの筋肉が活性化すると血流を上に押し戻す作用があります。よって全身に血流をより巡らせてくれるのでますます集中力のアップが期待できます☺

 

お尻のほぐしとストレッチをしっかりと行う

1日ずっと座って仕事をしているとどうしてもお尻に疲れはたまりやすくなります。

そうなったらお尻にたくさん負荷をかけたので、リラックス効果として自分でお尻をセルフケア(ほぐし)をしてみるのも大切です。

ゴルフボールなどの大きさで少し硬めの球体であれば何でも大丈夫です。そのボールをお尻のえくぼのあたりで踏んでゴリゴリするだけです☺

それをやるだけでも次の日の疲れなども大きく変わってきます。これを見たあなたはとりあえずやってみてください。きっとびっくりすると思います^^

 

 

いかがでしたか??
今回はデスクワークの方が気を付けるべきポイントについてご紹介いたしました。

日本人は世界から見てもやはり座りすぎです。1日中ずーーーっとおなじ姿勢でいるのは1度やめて、いろいろ身体を動かしてみるといいと思います!

仕事の効率をあげる、という意味でもぜひお試しください^^

ただいま新規のお客様を募集しております。

(対応はコロナウイルスが落ち着いてからになると思われるので今のところは未定ですが…)

筋力アップ、姿勢改善、肩こり腰痛改善、ボディメイク、食事改善指導、タイ古式マッサージなどいろいろなコースをご用意しておりますので、ご興味ある方はお気軽にご連絡くださいませ☺

ご連絡は下記の公式LINE@からメッセージいただけるとすぐにご対応できます。

パーソナルトレーナーふっかの公式LINE@


ご連絡お待ちしております^^

デスクワークの方が気を付けるべきポイント②のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ