NEW

筋肉痛のメカニズム知ってますか?

今回はなぜ筋肉痛が起こるのかお話ししていきます🌟

まず、筋肉痛の機序は解明されていません。その中でも微視的筋損傷が有力とされています!

筋トレで傷ついた筋繊維が回復する過程で炎症を起こし、その時にブラジキニンやカリジンといった発痛物質が筋膜から伝わり、筋肉痛として痛みが出るのではないかと言われています‼️

そして、この筋肉痛にも2種類 存在しています!

48時間より短いものを、PEMS

48時間より長いものを、DOMS

上のPEMSは回復も早いので特に問題はありませんが、下のDOMSに関しては、1週間程度 痛みが残るので、場合によっては、部分的な損傷が起こっている時もあります!

DOMSは下り坂走で起こりやすいと言われていて、ブレーキ動作で起こりやすいという事になります!

思いっきり走って急なブレーキをすれば怪我をするので、短距離走の選手などは走った後流してそのまま走りますよね?

普段のトレーニングも急なブレーキ動作をする際は、しっかり注意して行うことが大切です!

Pick Up

筋肉痛のメカニズム知ってますか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ