NEW

⑤ファスティング期間の方法と実践

みなさんこんばんは!
美姿勢トレーナーの和希です!

ファスティングにある3つのフェーズのうちの②

①ファスティング前 ・・・準備期間
②ファスティング中 ・・・ファスティング期間
③ファスティング後 ・・・回避期間

②の
【ファスティング中 ・・・ファスティング期間】
の具体的な方法と実践について話していきます!

 

ファスティング期間(ファスティングフェイズ)


ファスティング期間(ファスティングフェイズ)は基本的にファスティングドリンクと
水のみを摂取しながら行なっていきます。
ファスティング中は仕事の中断や日常生活を崩すなど特別な生活を送る必要はありません。

◼️ポイント
①水分補給
普段食事から30%程の水分を摂取しています。
ですがファスティングは食物は食べないので、食物から摂取していた分の
水分を上乗せして飲む必要があります。
さらにファスティング中は水分を溜め込む力も弱まっているので
多く水を飲む必要があります

②エクササイズ
普段より低エネルギーで生活を送っているため
【高重量】【高強度の有酸素】の激しいエクササイズは
怪我や事故に繋がるので避けましょう。
行うにしても体調に合わせ低強度のエクササイズを推奨します。


◼️注意事項と禁忌
①タバコやアルコール類はNG
②清涼飲料水もNG
③カフェインもNG
④車両や機械の運転は避けたい


◼️トラブルと対処法
ファスティング時には身体の内外に様々な変化が現れます。
そのほとんどは一時的でありファスティング後も続く事はありません。
起こり得るトラブルと対処法をしっかりと把握した上で行う必要があります。


①下痢
デトックスが進行していると下痢や腹痛などの症状がでる事があるので
この反応を加味してスケジュール組む必要があります。

②冷え
摂取カロリーが少なく体熱産生量が減り体温が低下します

③空腹
激しい空腹感に襲われた時はドリンクの濃度や摂取回数を増やします。

④頭痛
症状が出たら岩塩を1つまみ摂取したり、ドリンクの濃度や摂取回数を増やしたりして
様子を見ます。
それでも改善が全く見られない場合は中断します

⑤悪心、めまい
普段の食事がオーバーカロリーであったり準備期が充分に確保できなかったりした場合やドリンクの摂取量が少な過ぎる場合に起こる傾向があります。
ファスティング前にしっかりと体調を整え充分な量のドリンクを摂取する事で予防出来ます。
最低限必要なカロリーの摂取にドリンクも規定量も摂取してください。
症状が出たらドリンクの濃度や摂取回数を増やします。

緩和されない場合は中断してください。

⑥肌荒れ
排出器官である肌を通してデトックスされている時に起こる症状です。
痒みや痛みが酷い時は中断してください


次回


この
【ファスティング期間(ファスティングフェイズ)】
最大限成功させるために必要な

【ファスティングドリンクと水の選び方】

について話していきます!!!

Pick Up

⑤ファスティング期間の方法と実践のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ