NEW

たんぱく質は何から摂るのがいい??

こんにちは!

fitbox登録トレーナーのふっかです☺

 

今回はたんぱく質は何から摂ればいいの??ということをクライアント様からもお友達からもよく聞かれるので

 

たんぱく質を摂取するのにおすすめの食品

 

を紹介していきたいと思います!!

 

どの食品にもメリットもあればデメリットもあるので、そこを比較して自分の生活にあった食品を選んでうまくたんぱく質を摂取していってもらえたらな、と思います^^

 

それではさっそく紹介していきたいと思います!

 

たんぱく質を摂取できるオススメ食品

①赤身肉

赤身肉はマッチョたちの定番中の定番ですね。

特に牛肉などは脂質も少なく、減量にもおすすめですね。調理方法も簡単で焼肉にしても食べれますし、少し時間はかかりますがハンバーグやジャーキーなどにしてもいいですね^^

100g中約20g前後のたんぱく質が摂取できるので含有量もすばらしいです。

デメリットとしてはIARC(国際がん研究機関)が”赤身肉にはかなり高い発がんリスクがある”という発表をしたことです。

これは赤身肉に関する記事で詳しく紹介しているのでそちらも参考にしてみてください。https://biz-journal.jp/fitness/2020/04/post_5201

ガン家系の方は赤身肉でたんぱく質を摂取するのは少し控えたほうがいいかもしれませんね。

 

 

たんぱく質を摂取できるオススメ食品

②魚介類

魚介類は先ほど説明した赤身肉と同様に100g中20g近くのたんぱく質を摂取することができます。

また特に青魚に関しては良質な脂質を多く含んでいるのでたんぱく質を摂取する+良質な脂質も摂取できるという利点もあります。

デメリットとしては調理が難しい、だけだと思います。魚をさばく技術がないとどうしても刺身で買うしかないですし、刺身で買うと丸ごと買うよりも値段は高くついてしまいます。もちろん、刺身で買うよ!という方は刺身でいいと思いますが、ぼくは少なくともたくさん食べたいので丸ごと買って頑張って捌くことが多いです(笑)

ふっか個人としては赤身肉よりも魚のほうがさっぱりしていて好きですね。

 

 

たんぱく質を摂取できるオススメ食品

③卵

卵といっても鶏卵ですね。鶏卵は価格も比較的安く、摂取しやすいたんぱく質の1つでもありますね。また調理方法もすごく簡単なので鶏卵でたんぱく質を摂取する方は多いのではないでしょうか??

しかし鶏卵を選ぶうえで1つだけ注意してほしいことがあります。それはスーパーでの並び方ですね。鶏卵は基本的に10度以下で保存されていないとサルモネラ菌という食中毒菌の繁殖が早くなる、と言われています。しかしスーパーの中には鶏卵を常温で保存しているところもあります。常温で保存している鶏卵を購入し、卵かけご飯など生食をしてしまった場合…食中毒や最悪の場合は死に至る場合もあります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

https://biz-journal.jp/fitness/2020/04/%e5%8d%b5%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e6%b3%a8%e6%84%8f%e7%82%b9%e3%81%a8%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e5%8d%b5

 

 

たんぱく質を摂取できるオススメ食品

④大豆製品

続いては大豆製品です。大豆製品では納豆や豆腐が1番メジャーな食品かな、と思います。大豆製品は脂質が少なくカロリーが低いので減量中にはすごく効果的な食品かと思います。ぼくもコンテストに向けて減量していた頃はよく納豆を食べていました^^

デメリットとしてはたんぱく質の含有量が少ない、ということですね。納豆や豆腐1パックに含まれるたんぱく質の量が少ないのでそれだけで1日に必要なたんぱく質を摂取しようと思おうと結構大変です。なので大豆製品をメインにたんぱく質を摂取するとしてもほかの食品と併用してたんぱく質を摂取したほうが効率がいいです^^
ちなみに大豆製品でたんぱく質を摂ろうと思っている方、納豆には色々なメリットがあるのでこちらの記事もぜひ参考にしてみてください☺

https://biz-journal.jp/fitness/2020/04/post_5195

 

 

たんぱく質を摂取できるオススメ食品

⑤プロテイン

ラストです。ラストはマッチョは誰しもが飲んでいるであろうサプリメントのプロテインです。プロテインは粉末として持ち歩くことができ、水とシェイカーさえあればどこでもたんぱく質を摂取できる点がメリットですね。

しかしデメリットとしてはほとんどのプロテインが乳製品であるということです。

乳製品はアレルギー物質であり、乳製品に含まれるカゼインというたんぱく質は日本人の成人のほとんどがうまく吸収できない栄養素です。なのでカゼインプロテインは日本人においてはあまりおすすめはできないプロテインになります。

プロテインに関してはこちらを参考にしてください。

https://biz-journal.jp/fitness/2020/04/post_5484

 

いかがでしたか??

たんぱく質を摂取するためのおすすめの食品を紹介しました。

メリットとデメリットを考え、自分に合った食品でたんぱく質を摂取するといいと思います^^

たんぱく質には様々なメリットがあるので、どんどん効率よくたんぱく質を摂取していきましょう☺

ぼくのパーソナルトレーニングではこのようなポイントも含めたうえで食事指導やトレーニング指導をさせていただいております。

もし興味がある方は下記の公式LINE@にご登録後、メッセージをいただけると嬉しいです^^

それでは次回の記事もお楽しみに!!

ただいま新規のお客様を募集しております。

(対応はコロナウイルスが落ち着いてからになると思われるので今のところは未定ですが…)

筋力アップ、姿勢改善、肩こり腰痛改善、ボディメイク、食事改善指導、タイ古式マッサージなどいろいろなコースをご用意しておりますので、ご興味ある方はお気軽にご連絡くださいませ☺

ご連絡は下記の公式LINE@からメッセージいただけるとすぐにご対応できます。

パーソナルトレーナーふっかの公式LINE@


ご連絡お待ちしております^^

Pick Up

たんぱく質は何から摂るのがいい??のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ