NEW

【プロテイン摂取なしで得た結果】

【この記事のキーワード】

フリーの日曜日は、ジムの、仕事上がりのスタッフの方々のトレーニングにご一緒させて頂いて、トレーニングしながらワークアウトを勉強していました。

この時間がまた、私にとっては本当に大きかったです。

スタッフさんに指摘される姿勢の改善点は、本当に今までの自分のスタンダードを覆されるもの場かりで・・・

ただでさえ、サッカー専用に偏りがちだった知識に加えて、世の中の流れるスピードに伴って、ワークアウトの世界も日々進化しているようで。

ただ、私が絶対に譲れなかったのが、プロテイン。
スタッフさんにも結構勧められました。

これは、筋肥大を目的としている方には必須かと思いますが、私の目標としては、

キレのある動ける身体。
目指せ、現役超え。

ですから。

もちろん、筋肉も大きくしたい部位もありますし、効果は最大限期待したいです。

しかし、タンパク質は、動物性タンパク、植物性タンパクから摂取したい。

当時は、プロテインなしでどこまで結果を出せるか未知数でしたが・・・

現在の自分自身の身体が答えとなってくれています。

体脂肪率は落として、筋肉量は増やしながら、動ける身体になってきました。

細胞分裂や、身体の成長などは自分のコントロールの及ばない部分ですが、身体の中に入っていくもの、呼吸、柔軟性など、自分でコントロールできる部分は、極力意識を高く持ってやっていきたい!

特に、身体に入っていくものは、自分の身体を作り上げてくれる物、そのものなので・・・

筋肉は、動物性タンパクで自然界の動きのある生物から、身体の動きを助けてくれる命を頂き、植物性タンパクで、身体の幹となるような力を頂く。

作られたタンパク質からは、それなりの物しか得る事はできないと考えています。

もちろん、目的に沿って、大きく綺麗な筋肉を“作る”上では、大いに助けになってくれると思いますし
もし当時からプロテインを摂取していたら、現在の自分の身体がどうなっていたかはわかりません。

神のみぞ知る

ですね、だからこそ、自分の身体で試したかった。

プロテインを摂取するかしないかで悩んでいる方は沢山いらっしゃると思います。


現役の時は、くすりなども含めて、摂取制限がある物も沢山ありましたし、チームから勧められたり、支給されるものを摂取していく部分が多かったこともあり、プロテインにはやや抵抗があるのかもしれません。

結論、プロテインがだめ、という訳ではなく、摂取しなくても身体作りに成功している人間は、ここにもいますよ!と(笑)

そして、摂取するかどうかは、目的に沿って決めていければいいと思います。

現在、現役でプレーされている方は、摂取の制限や、チームからの特別な指示がなく
悩んでいる方には、リカバリーのプロテイン(回復系)がおすすめです。

それでは、明日からまた、今の自分を形作っていったトレーニングや、プロのサッカー選手の自主トレ、身体作りについてお話していきたいと思います。

【プロテイン摂取なしで得た結果】のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ