NEW

懸垂をやる時のポイントとは!?

【この記事のキーワード】

, , , , ,

皆さま、こんばんは!

パーソナルトレーナーの斉藤です!

本日の投稿は【懸垂をやる時のポイント】について書かせて頂きます。

背中の筋肉(広背筋)を鍛える上で大事な種目、懸垂ですが、いまいち背中に入らない、腕に効いてしまうというフィードバックをお客様から頂くことがあります。

筋トレ初心者にとっては、かなり効き感が分かりづらい筋肉だと個人的には思ってます。

そこで今回は、懸垂をやる上でのポイントを3つ書かせて頂きます。

①小指側から引く

背中を鍛える上で、親指を使って引いてしまうと神経系の関係で、腕に入りやすくなってしまうので、小指側から引いて懸垂を行いましょう!

②降ろす時はゆっくり丁寧に

懸垂で上に上がって降りる時は、早く降りるのではなく、しっかりと背中が伸ばされているのを感じながらゆっくりと降りていきましょう!

これをエキセントリック収縮といいます!

③上に上がる時は胸を張る

懸垂で上に上がる時に胸を張らずに丸めてしまうと、後面に力が入らず、腕に力が入りやすくなってしまうので、上がる時は必ず胸を張ったまま上がりましょう!

以上3点を意識して懸垂を行うことで、背中にしっかりと刺激が入りやすくなります!

是非お試し下さい♩

今回の投稿は以上となります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

Pick Up

懸垂をやる時のポイントとは!?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ