NEW

トレーニング!どんな順番でやってますか?

【この記事のキーワード】

みなさんこんにちは。

TAHARAです。

今回はトレーニングの順番についてです!

みなさんはどんな順番でやってますでしょうか?

例えば某有名なボディビルダーは最後にバーベルスクワットを入れているようです。

私の場合はまず最初にスクワットで追い込みます…。

脚のトレーニングに限らず私の場合は最初のトレーニング種目で大体6〜7割使い切るイメージです。

一般的なトレーニングでは

大きい筋肉→小さい筋肉

多関節種目→単関節種目

メインとなるトレーニング→補助種目

下半身の種目→上半身の種目

押す動作→引く動作

と言われています。

この前お伝えした目的別に回数も変わってくるわけです。

トレーニングの順番にも名前がありますのでいくつか紹介します!

①コンパウンドセット法

 →同一の筋肉を鍛える種目を2つ連続で行う

例えばバーベルカールの後にインクラインダンベルカールとか

スクワットの後にレッグエクステンションとかがそれにあたります。

②ジャイアントセット法

 →同一の筋肉を鍛える種目を4つ以上連続で行う

コンパウンドセットの進化系です。

ピグモンの進化系がエンジェモンて感じでしょうか。

③スーパーセット法

 →押す動作と引く動作を交互にする事です

例えばベンチプレスの後にベントオーバーローをしたり、バーベルカールの後にトライせプスプッシュダウンなど、主動筋の後に拮抗筋を鍛えます。

しかも以上3つは次の種目に行くときにはインターバルがありません。

コンパウンドセットは2種目を休息なし

ジャイアントセットは4種目を休息なしです。

ちなみにこれらは本当に追い込めます。そして時短です。

ジャイアントセットは20分、25分くらいで追い込めるのでないでしょうか。

では次です。

④レストポーズ法

 →高重量、いわゆる1、2回しか上げられない重さを1回挙上する事に15秒〜30秒休息をとり、回数を稼ぐ方法です。

個人的にはこの方法は筋肥大に持ってこい!であると考えます!

前回お伝えしましたが、筋肥大は6回〜12回、強度もそんなに高くありません。

が、回数も稼げて重量も扱える!その分効果も高い!と考えています。

⑤フォーストレップ法

 →限界まで挙上し、挙上できなくなったら補助をつけて2、3回挙上する事です。

これもなかなか効果が高く高強度です。しかし、補助が必要になってきます。

 

以上がトレーニングの順番です!

ご自身に合ったトレーニングメニューを組んでみてください!

参考にして頂けると幸いです。

 

トレーニング!どんな順番でやってますか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ