NEW

相沢という男【アルコールが筋肉に及ぼす悪影響。だがしかし飲みたくなっちゃうよね春】

【この記事のキーワード】

, , , ,

さて
世のトレーニーの中には愛酒家はどれ程いるのだろうか


筋肉を大きくするにも減量期で脂肪を落とすにしてもアルコールとの付き合い方はとても難しい


僕はというと
自宅で一人で飲んで記憶を無くすレベル
酒飲みの最後の方に片足を突っ込んでいる状態である


良くない良くない


まずはじめに結論を


酒なんて飲まないに越したことはない!


これに尽きる


せっかく一生懸命トレーニングして
筋繊維ボロボロ栄養待ち状態のところに
アルコールなんていう毒をぶっかけるという非人道的行為


こんなことが筋肉に良い訳がない


しかし声を大にして言いたい


それでも酒はうまいんよ!!!


筋肉は育てたい、酒も飲みたい
そんな矛盾を抱え生きる


つまりお酒との上手な付き合い方に思考が辿り着く


ここからは減量にフォーカス


そもそもお酒のカロリーってどうなってるの?


これは諸説ありすぎて
どれを知識として取っておくのかも中々に難しい


あくまでも僕個人の見解として読んでほしい


まずアルコール1gあたり7カロリーと言われている
脂質未満たんぱく質、炭水化物以上のカロリーだ


しかしお酒のカロリー
実は別名で呼ばれている


お酒を飲んだ時大多数の人間が体の熱さを感じると思う


俗にいう酔っ払った状態


これは入ってきたアルコール(毒)を肝臓で解毒しようとする体内の動きによってうまれる熱であり、アルコールは体内に留まらずすぐに消費されてしまう


エンプティ(中身のない)カロリー
これがお酒のカロリーの別名


あれ?
じゃあ太らないじゃん?
と安心するなかれ


なんと肝臓がアルコールを分解することを最優先にした結果エネルギーを貯蔵することが疎かになってしまう
行き場を失ったエネルギーは体脂肪として蓄積されやすくなるのだ
つまり
どんなにおつまみに気を使っても体脂肪として残るリスクが高まる事に変わりないのだ


そして飲酒が起こす筋肉への影響としては


テストステロンという簡単に言うと筋肉を作る為のホルモンの分泌が減り筋合成が阻害される


コルチゾンという筋肉を分解させるホルモンが増える
そして筋繊維の壊死や内臓のオーバーワークが発生する


書いていて自分でもゾッとしている
上記の悪影響を読んで
あぁ飲むの辞めよう
そうあってほしい


しかし声を大にして言いたい


それでも酒はうまいんよ!!!


禁酒が現実的ではない皆さんへ
最後に僕が実践してる飲酒方を記して終わろうと思う


晩ごはんの最中にお酒は飲まない


お酒が入らないと眠れないという悪循環を止める(寝れなくても目をつぶって横になる)
眠る前飲むならおつまみは食べない


トレーニングした日は飲まないor缶一本


できることから始めて
アルコールを飼いならせ!!

Pick Up

相沢という男【アルコールが筋肉に及ぼす悪影響。だがしかし飲みたくなっちゃうよね春】のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ