NEW

スクワットでヒザが痛い時の対処法

【この記事のキーワード】

,

今回はスクワットでヒザが痛くなる原因、対処法を紹介します。


まず1つ目はヒザとつま先の方向がズレている事。
コレはヒザ痛い原因のNo. 1だと思います。特に女性に良く見られます。

スクワットの動作中は基本ずっとヒザとつま先は同じ方向を向いるのが理想。
しゃがむ途中や立つ途中でヒザが内側を向いてしまい、内股状態になると関節がムリをして痛みが出ます。

対処方はヒザの1番出ているところと、足の中指を合わせること。
鏡で正面から見るとこんなにガニ股?と思うかもしれませんが、そんなにガニ股です。
日常生活では階段を使う時も注意しましょう。
この時注意したいのは重心が足の小指側にズレてしまい、母指球が浮かないようにすること。
少し難しい動きになりますが慣れたらバツグンの安定感を発揮するので、頑張ってモノにして下さい。


2つ目はしゃがみ始め、1番にヒザから曲げてしまうこと。

元々股関節をほとんど曲げずにやるシシースクワットという種目があるので、100%間違えではありません。ヒザ周りを集中的に鍛えたいならばヒザから曲げた方が効きます。
しかしいわゆるノーマルスクワットでやる重量でこのやり方はムリがあります。
関節の大きさも使う筋肉の種類、大きさも膝関節より股関節の方が大きいですからね。

それにヒザつま先の方向コントロールもヒザからスクワットは難しくなります。

対処方は股関節から動かすよう徹底して意識すること。
股関節を曲げていけばヒザは勝手に着いてきます。

これはしゃがみの深さにも影響してくるのでしっかり意識していきましょう。


今回は原因TOP2だけお話ししましたが、どこかが痛いままトレーニングするのは絶対にダメです。
痛みがひどい時は休養させてくださいね。

スクワットでヒザが痛い時の対処法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ