NEW

語呂で覚える!劇的にコンディションが改善する食事の実践編

テスト勉強や受験勉強で、いろいろな用語を覚えるために語呂を使った人は多いでしょう。クスッとしてしまう変な言葉の並びなのに、なぜか頭に残る。

実は私も、お客様のダイエット指導でこの語呂を使うことがあります。今回はそのなかで、今すぐ覚えられて、ダイエットにも効果絶大な言葉をまとめました!

摂取を制限すべき食品を覚えられる語呂
「ダイエットをする!」、「痩せる」以上に価値のある「健康」(Well-Being)を手に入れるためには、健康の邪魔をしている悪いものをやめましょう。

まず紹介するのは、摂取を制限すべき食品の頭文字の語呂です。

『朝に兄と事故か?』
早速覚えて実行してみよう!

食事量を減らす必要は一切なし!ただ置き換えてみるだけです。
できるものから、少しずつ、コツコツマイペースでやってみよう!

積極的に食べたい10大食品を覚えられる語呂
超高糖質ダイエットで『摂取すべき10大食品』というものがあります。それをまとめたのがこの語呂です。

『劇薬!そこは鍵だ!』
その中でも、特にキーとなるのが毎日の玄米と2日に1回以上の十割そば。これだけで、劇的に変わるというくらい、栄養が豊富です。

それ以外の食品も、積極的に食べていきましょう。

まとめ
食事指導をする上で、根底となる「栄養学」を理解することは非常に重要です。トレーナーならマストで覚えなくてはいけないものといえます。

しかし、一般のお客様にわかりやすく解説するときは、なるべく「覚えやすい」ことが大前提。

今回紹介した語呂を使って、シンプルに「食べたほうがいいもの」「食べないほうがいいもの」を教えられるようになりましょう!

Pick Up

語呂で覚える!劇的にコンディションが改善する食事の実践編のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ