NEW

爪先より膝が前に出てはだめ?スクワットの話

【この記事のキーワード】

,

 

みなさん

こんにちは。TAHARAです。

今日はスクワットについてです。

知る人ぞ知るキングオブトレーニングです。

脚のトレーニングではありますが、精神面も必要になってくるトレーニングでもありますよね。

私も一度某ボディビルダーの方と一緒に脚のトレーニングをして脚を攣りながらやったのを覚えています。

今はとても大切なトレーニングの種目であるとも考えています。

おっと、話が逸れました。

本題についてです。

果たして、スクワットは膝が爪先から前に出てはいけない物なのでしょうか!?

 

ちなみに答えはNO!です。

なぜなのかを深掘りしていきます!

①骨格の問題

まず着目するべきポイントは下半身(脚の長さです)

股関節の脚の付け根から膝を大腿部(大腿骨)

膝下から足首までを下腿部(下腿骨としましょう)

の長さに関係があります。

例1)大腿部が下腿部に対して短い場合

図が膝が前に出ていますが、しゃがみやすく、大腿部のコントロールがしやすいです。

例2)大腿部が下腿部に対して長い場合

図の通り大腿部を深く曲げてしまうと、下腿が短い分どうしても膝が前に出てしまいます。

いや、ちょっと待って!

膝より前に出せなくてもできるじゃん!と思った方もいると思います。

そうなってしまうと。。。

図のように上半身をより一層前屈みにしなくては行けません。

これでは腰にストレスも大きそうですね!

②効かせたい筋肉に誤差が生じる

今度は骨格というよりフォームの問題でもあると思います。

例えば、一般的なスクワットではどこが鍛えられるでしょうか?

太腿全体が鍛えられるというイメージが強いと思います。

では、膝を爪先より前に出すスクワットを行うとどうなるか、

太腿(大腿)の前側(大腿四頭筋)に強く入ります。

反対に爪先を前にすると、、、、

逆に太腿(大腿)の後ろ側、お尻の筋肉(ハムストリングス 、臀筋群)に強く入ります。

以上のように目的別でもスクワットにはやり方が違ってきます。

では、結局どうすれば良いの?ってことを話していこうと思います。

③自分の身体に合った正しいフォームでしてみよう

爪先よりも膝が出てても出てなくても自分に合ったフォームでしてみましょう!

図の真ん中の赤線のように足の真ん中の中心線の延長線上にバーの中心を通るようなスクワットが正しいフォームと言われています。

是非参考にしてもらえると幸いです。

次回もスクワットシリーズをやっていこうと思います。

本日もご覧頂きありがとうございました。

 

爪先より膝が前に出てはだめ?スクワットの話のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ