NEW

荒川の小言53『人間をばらばらにする』

【この記事のキーワード】

,

こんにちは~荒川で~す。

タイトルが殺人鬼みたいになってますが

内容的には僕のただの過去みたいな話ですw

僕は、プロフィールにも記載されている通り理学療法士です。

詳しくは、元理学療法士かな?

どちらにせよトレーナーでも国家資格は消えることのないものなので、なんともいえませんが。笑

まぁいいでしょう。

それで何が言いたいかというと、僕が理学療法士になるまでの授業の内容とかでも振り返ってみようかなと思います。

最初から説明すると本が書けるくらいになる量というか、文章が苦手なのでなにを伝えたいかがわからなくなるので、簡単に書きますね。

まず、大学では医療福祉学部、リハビリテーション科に入学しました。

そうしたら信じられないほどの広辞苑ばりの分厚い教科書を

えげつない量、、購入します笑

そして実際に授業がどんどん始まっていくのですが、

その中でも解剖学は正直終わりのない授業でした。

いや、医療に対してそもそも終わりの見えない分野でもあるので

僕は、授業開始2分で白目をむいていました。

だってね、人体模型の骨が、ばらばらになって箱に入っていて

そこから課題に出された骨の絵を描くんですよ。

しかも超リアルに。くぼみとか曲線とかもう、美術の授業かよ!って感じに。。

そしてそのくぼみやら曲線にも名前があってですね、それを全部覚えるんです。

そのあとに、全部ちゃんと書けているか、先生のところに持っていき、添削をしてもらいます。

変なところがあるとそれをまた修正するんですけど、、だから美術じゃねーか!ってw

 

最後は口頭試問です。

何か所もある名前や変な凸凹、筋の付着部やらなんやら、

正直、高校卒業してこんなことしたこともなかったので、みんなめちゃくちゃ苦戦するんですよね。

なので授業も本当は18~19時くらいには終わる予定だったのに

最後は23時になるっていう地獄っぷりでしたwww

これにさすがに先生たちも困って、いつの間にかラストは21時まで?になったのかな?たしか、、

人間の身体のいたるところに名前を付けた方、あなたのおかげで僕らは体力がつきました!←

でも役には立ちましたありがとうございました笑

荒川の小言53『人間をばらばらにする』のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ