NEW

相沢という男【トレーニング中のBGMがもたらす効果をバンドマン視点で解説】

【この記事のキーワード】

皆さんはトレーニング中に音楽を

 

聞いているだろうか


集中力を高める、気持ちをトレーニングモードに切り替えモチベーションをアップさせる
など、自身でも気づかない間に
音楽の恩恵を受けているはずだ


他にもトレーニングの最中に話しかけられるのを防いだりとその効果は内面だけに留まらない


ちなみに僕は試合前やライブ前にルーティンで同じ曲を聞いたりもしている


こういう時はこの曲!
と決めておくのも気持ちの切り替えに大いに活用できるだろう


ではトレーニング中に音楽を聞いていると脳内で何が起きているのかを説明していこう


きついが快感に変わる


まず好きな音楽を聞くとドーパミンという物質が脳内から分泌される
俗にいう脳内麻薬だ
そう!気持ちよくなってくるのだ


トレーニングはきつい、辛い
そんなネガティブを音楽によって出たドーパミンによって気持ちのいいものだと認識させる


音楽すごい!
(もちろん音楽がなくても楽しいけど気持ちが乗らない日や脚の日という憂鬱なトレ日に効果的かも)


ちなみに僕のパートであるベースは
32Hz~512Hzという低い音域帯で鳴ってますブリブリと
低音とドラムのビートは産まれる前のお腹にいる状態で初めて感じる音、心音に似ている為高揚感やリラックス状態を生みやすいと言われています
トレーニング後のクールダウンには重低音ゴリゴリの曲なんかをチョイスしてみてもいいかも


次はBPMを安定させる効果


ランニング中の心拍数(BPM)と曲のテンポ(BPM)が近いとペースを維持したり息苦しさをあまり感じさせない
逆に曲のBPMが激しいのにかなり緩いテンポでランニングをしてみると多少息苦しさを感じると思う!
ぜひ試してみてほしい

ちなみに曲のスネアの裏のタイミングで足を出すようにして走ると裏打ちのリズムでめちゃくちゃ気持ちよく走れるのでこちらもお試しあれ!


さて最後に
トレーニング中に聞くとテンションが上がり筋トレ効果もアップするというおすすめバンドの楽曲を紹介します


THE ENDEMIC OAK


https://music.apple.com/jp/artist/the-endemic-oak/1219128860

とにかくエモい
僕のバンドです(笑)
良かったらトレーニングのお供に!!


ちなみに男女の音楽による筋トレへの影響という研究があるのですが


女性は音楽を聞くとかなりテストステロン(筋肉の発達に大切な物質)の数値が上がったそうな


男性のテストステロンの数値はなんと減少傾向に…


しかし筋肉を分解すると言われているコルチゾールの分泌を下げる効果も見られたそうなのでプラスもマイナスも見て取れる


また音楽は単純作業の効率を上げる効果もあるのでウェイトの上げ下げの効率アップ!


うーん
まだまだ音楽と筋肉の研究は奥が深そうだ

相沢という男【トレーニング中のBGMがもたらす効果をバンドマン視点で解説】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ