NEW

ダイエットにおける水のメリット

【この記事のキーワード】

みなさんこんにちは!
パーソナルトレーナーの林です。

今回はタイトルにもある通り『ダイエットにおける水のメリット』について
お話ししていきます。
みなさん1日にどれくらいの量のお水を摂取されていますか?
通常だと平均約2L/1日と言われています。
実際1日に2Lのお水を飲むことは意識していないと摂取するのは難しいと思います。
なぜ2Lもお水を摂取しないといけないのか?
特に今回はダイエット(健康)にどのようなメリットがあるのかをお話ししていきます!

それでは早速始めていきましょう!

・水の役割とは

水の役割はまずは3つあります!
①体温の調整
②身体の構成要素
③代謝アップ

特にランニングや筋トレの際には汗をかくことで血液の粘度が増してしまうのを防ぐため、水を多めに摂取しなければなりません。
*トレーニングの際はお水の飲む飲まないで心拍数の上昇具合も変わってきます。

・水を飲むことによるメリット

●老廃物を体外に出す
普段意識をしないと水分を取らない方が多いと思いますが、人間が老廃物を外に出すために必要な水の量は1日に2〜2.5リットルと言われています。
基本的に1ヶ月ほどで体内にある水分を全て入れ替えられていますが水分を取らないと入れ替え時期が長くなってしまいます。
その為、汗の匂いが強くなる、代謝が落ち肌のハリや潤いがなくなっていくなどが起こります。身体を清潔にかつ若く保つためにも適切な量を飲む必要があります。


●血液サラサラ
体内80%は水分でできていると言われていますが、水分量と血液は深い関係で結ばれています。薄くなったり濃くなったり血中濃度濃度を左右させているので適度に保つためにも適切な量の水を飲む必要があります。

水分が少ない場合、血中濃度が濃くなり、血液がドロドロになります。
この場合、血液の循環が鈍くなり、栄養がすみずみまで届かなくなります。
また、血中の酸素量も減る為、集中力や記憶力が落ちたり、肩こりや冷え性の原因ともなります。

●便秘の改善
朝から水を摂取することにより、腸内活動の働きを目覚めさせることにより
便秘の改善にもつながります。

*水にも『軟水』『硬水』と種類があり、便秘の改善にはマグネシウムが豊富に含まれている硬水が主に使われています。
しかし、硬水の過剰摂取は下痢などにもなりうる可能性もありますので、取りすぎには注意していきましょう。

・注意点
水分をたくさん取ることはよいことですが、
水分は食事中にたくさんとってしまうと胃酸が薄まり消化が遅くなってしまいます。
水分を取ることはデトックスやダイエットにも効果的ですが、食事中だけは気をつけていきましょう!
食事と一緒に水分を取りたい方は白湯やお茶等をコップ一杯程度が個人的におすすめです。

 

Pick Up

ダイエットにおける水のメリットのページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ