NEW

肩の前側の痛みについて

【この記事のキーワード】

こんにちわ。


パーソナルトレーナーの延谷美智子です。


今日もblogに来て頂き本当にありがとうございます。


私のblogが初めての方、自己紹介を読んでみてくださいね。


HPはこちら←自己紹介が乗ってます^_^

WEB予約はこちら

LINE@

instagram


では、今日はよくあるお悩みで、
肩の前側が痛いというに方についてのセルフケアについてご案内します。


こんなお悩みあなたは、ありますか❔


・洗濯物、重い荷物を持つ時、腕を使うとき、肩の前側が痛む
・ ベンチプレス、キックバックなど腕を後ろに引く動作で特に痛みを感じる方
 

もしかしたら、上腕二頭筋長頭腱炎が原因かもしれません。

 

 

上腕二頭筋長頭腱炎とは

画像で示した部分に痛みが生じます。

上腕二頭筋(力こぶの筋肉)には長頭と短頭という2つの腱が肩に付着していますが、

この内、長頭の腱が、

結節間溝という狭いトンネル状の溝を通るときに腕を上げたり肘を曲げたりする事で摩擦のストレスが加わり、炎症が起こっている症状です。

 

 

どんな症状??


・画像の部分を押して痛みがある


・日常生活など、荷物を持つ時、肘を曲げると痛い

・寝ている時痛くておきてしまう

・トレーニングでのベンチプレスやキックバックなど腕を引く動作などで痛みがある

なりやすい方


・仕事や日常生活で上腕二頭筋(力こぶの筋肉)をよく使ってる人


・肘を肘かけに乗せて運転よくする


・肘をついてリラックスする方


・パソコン作業が多い方

 

 

・上腕二頭筋を使うトレーニングをよくするかた

 

・野球、テニス、水泳をしている方


・巻き肩気味の方


・猫背の方

 


このような方は、注意が必要です。


そんな方に、いつでも出来るストレッチをご紹介します。


こまめにストレッチをしていきましょう。

 

上腕二頭筋のストレッチ

①肩と腕を水平に保ちます。
②手のひらを画像のように回転させます。
③片方ずつ2セット、20秒から30秒行います。
④上腕二頭筋が伸びているのを感じながら行います。


大胸筋のストレッチ


①壁を使います。
②肩と腕を水平にし、手のひらを壁にあてます。
③片方ずつ2セット、20秒から30秒行います。
④大胸筋が伸びているのを感じながら行います。


日常生活でこの2つの筋肉は凝り固まっている方は多いです。
こまめにストレッチすると気持ちいいですよ🎵


私のパーソナルトレーニング気になる方は気軽にお問い合わせくださいね🎵

詳しくは、こちらからご連絡下さい。

HPはこちら

WEB予約はこちら

LINE@

instagram


またね💕

肩の前側の痛みについてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ