NEW

筋トレの基礎知識、コンパウンドとアイソレーション ~知らないあなたは損をする!?~

【この記事のキーワード】

さて、今回は筋トレをする上で基礎的な概念である、コンパウンドとアイソレーションについて説明します。

筋トレの種目というのは、大別するとこの2つに分類されます。

 

この2つはいったい何が違うのか?

 

まずアイソレーションからです。

「isolation」というのは「孤立」とか「分離」という意味の英単語ですが、一般に筋トレの分野では「単関節種目」とか訳されます。

 

一番分かりやすいのは「アームカール」がそうです。ダンベルを持って、腕を曲げる。この時、基本的に動いているのは肘の関節だけで、筋肉は二の腕の部分、上腕二頭筋のみに刺激が入ります。

それに対し、コンパウンドは「compound」で、意味は「複合」とか「混合」です。筋トレでは「多関節種目」とか訳されます。

 

代表的なのは「バーベルスクワット」ですね。バーベルを背中にかつぎ、しゃがんで立ち上がる。その際、脚・背中・腹筋と、たくさんの筋肉に刺激が入ります。股関節と膝関節と、複数の関節が動きますね。

この2つのグループを比べた場合、圧倒的にオススメなのはズバリ、コンパウンド種目です。特に初心者の方は、最低でも1年ぐらいはコンパウンドのみに集中した方が成長が早いです。

 

なぜそう言えるのか?

 

それは、単純に「人間は疲労する」からです。

基本的に、人間は元気な状態で筋トレをした方が、得られる効果がより大きいことが知られています。

逆に、疲れてしまうと効率が落ちるんですね。

 

そう考えると、できるだけ元気なうちに、たくさんの筋肉に刺激を入れてしまえるほうがだんぜんお得です。

 

また、それに加えアイソレーション種目は時間もかかります。スクワット1種目で刺激できる筋肉を個別に鍛えるとなると、2種目や3種目じゃとても間に合いません。

 

では、そんなコンパウンド種目にデメリットはあるのか?

 

残念ながらあります。

 

まず、単純につらい。

たくさんの筋肉や関節を動員するので、全身運動に近くなります。心肺機能にも負荷がかかるので、体感的に非常につらい。

 

それから、フォームの習得に少し時間がかかります。

必ず知識のある人に見てもらうか、信頼に値する情報に依拠してください。

大体、ケガする人は自己流です…。

 

でも、これらのデメリットがかすむぐらい、コンパウンド種目のメリットは大きいです。

シンプル&ハードに鍛えましょう!

 

では、次回はオススメのコンパウンド種目を紹介していきましょう。

筋トレの基礎知識、コンパウンドとアイソレーション ~知らないあなたは損をする!?~のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ