NEW

トマトは〇〇〇〇でリコピンが60%増量!!!

【この記事のキーワード】

,

こんばんは!
美姿勢トレーナーの和希です!

リコピン!!!
みなさん名前は知っているのではないでしょうか?
メディア露出の多い栄養素ですからね。笑

実は高い抗酸化力のあるリコピンが60%増える方法があるんです。
これからは1個で2個分の栄養が取れるので
抗酸化力も2倍以上に!!

どんどん綺麗になっていきましょう!!!

トマトは〇〇〇〇でリコピンが60%増量!!!


トマトは常温保存でリコピンが60%増量!!!


水分の多いトマトは傷みやすいから、、、
とりあえず冷やさなきゃ、、、

といって冷蔵庫に直行していませんか?
もしかしたら今まで損していたかもしれません。。。
暖かい地域が原産のトマトは、寒いのがとても嫌い。。。
アンチエイジングの救世主である【リコピン】が大幅になくなってしまいます。

トマトをすぐに食べない場合は、少し硬さのあるものを選んで
お部屋で追熟させれば
リコピンが最大60%もアップ!!!
もともとカロテノイドの一種のリコピンは脂溶性なので油と一緒にとると
吸収率が2〜3倍にアップしてくれます!
生は体を冷やすので【オイル+加熱】がオススメです!


ポイント


◼️赤ければ赤いほどハイパワー
肌や血管の廊下を防ぐリコピン。
その抗酸化作用はビタミンEの100倍!!!
トマトの赤が濃ければ濃いほどリコピンが
たっぷり含まれている証拠です!

◼️完熟トマト
完熟したトマトの色は濃く、黒みを感じるほど
真っ赤!
軽く押すと適度に柔らかく感じます。
ただし柔らかすぎるとすぐに痛みだしてしまうので注意が必要!


◼️冷蔵保存は低温障害に注意!
1完熟しきっているトマトはそのまま常温に追いておくとビタミンCが
1週間で15%ダウン
しかし5℃以下での冷蔵庫でも低温障害を起こしてぶよぶよになってしまいます。
保存するときはポリ袋などの入れて野菜室に入れて冷えすぎを防ぎましょう。

冷凍するときはヘタを取ってから食品用フィルムにしっかりと包んで
乾燥を防ぎましょう!

まとめ


冷凍保存ではなく常温保存にて追熟!
【追熟・一定期間置いて甘さを増したりする処理の事】

15〜25℃の環境で
夏は2,3日
冬は1週間
常温保存させてあなたもリコピン60%増しトマト食べてみよう!!!

Pick Up

トマトは〇〇〇〇でリコピンが60%増量!!!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ