NEW

つま先正面のスクワットは怪我をする!?

【この記事のキーワード】

, ,


皆さま、こんばんは!

パーソナルトレーナーの斉藤です!

本日は、【つま先正面のスクワットは怪我をする!?】について書かせて頂きます。

先に結論をいいますが、怪我のリスクが高くなります!

では、なぜ怪我をしやすくなるのか、理由を説明していきます。

人間の動作として股関節を曲げる時は、大腿骨と骨盤がぶつからないように足を外に広げなら屈曲していきます。例えば、昔のドラマなどでヤンキーが座る時にガニ股で座る、いわゆる【ヤンキー座り】をみたことありますよね??

あのように座る理由は、本能的に股関節を曲げていく際の楽な曲げ方を本能的にわかっているので、あの座り方が身についていると推測します!(あくまで個人的な意見ですが笑)

つまり、外に広げながら股関節を曲げていくことが人間にとって理に適った動きなんです!

以上のことを踏まえて、スクワットの時につま先が正面で行うことを考察すると、膝と股関節を曲げてしゃがむ時に、膝から上は人間の自然な動きで外にひらこうとします!

しかし、膝から下は、地面によって固定されてしまっている状態なので外に開いていくことができません!

この状態で深くしゃがんでいくことで、膝関節の部分で大腿骨と下腿の間でねじれがおき、膝の怪我に繋がるリスクが出てくるということです!

怪我のリスクをご理解頂けたでしょうか?

これを解消する手段として、【つま先外向きのワイドスクワット】で行うことをお勧めします!

そうすることで、膝にねじれが起きにくく、怪我のリスクを抑えられます!

しっかりと怪我をしないためにも正しい知識を身につけた上で安全なトレーニングを行なっていきましょう!

今回の投稿は以上となります!

最後まで読んで頂きありかどうございました!

つま先正面のスクワットは怪我をする!?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ