NEW

胸トレベンチプレスの本当のフォーム

 

今回は胸トレであるベンチプレスの本当の正しいフォームについてお話ししていきます⭐︎

まずベンチプレスは代表的な基本の胸のトレーニングになります!

①ベンチチートに仰向けに寝ます!その際に、肩甲骨を無理に寄せたりする必要はありません!フラットで良いです!

②手の幅は、肩幅より少し広めで1.5倍くらいにします。握り方は通常はサムレスといって、親指を握らない方法をとりますが、初心者の方は親指も巻いて行いましょう。

③バーは目線の位置に設定して、上に挙げて、下ろしてくる際はゆっくり乳頭部に降ろします!つくギリギリまで降ろし、素早く挙げます!その際、挙げる時は、目線に向けて上げるので、斜め上に挙げて、斜め下に降ろすイメージです!

大体8回できる重さの設定にしましょう‼️

※降ろす際の腕の角度は80〜85度にします!90度では肩への負担が強いので注意です!

※肩甲骨を寄せたり、アーチを作り過ぎて、お尻が浮いたりするのは、距離が短くなるので、重量が扱えるからといっても、筋肉にさほど効いていません。このやり方はパワーリフターのやり方なので、筋トレには向いていません‼️

 

Pick Up

胸トレベンチプレスの本当のフォームのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ