NEW

元プロサッカー選手が語る「ランニングの効能」

【この記事のキーワード】

トレーニングを始めた当初
ランニングは、1ヶ月に100〜150km走ってました。

1日5km、調子がいい時は7.5kmとか、10kmとか・・・
筋トレ後のランニングは、トレーニングした部位が重くランニングもきついんですが、そのきつさを乗り越えると、逆に筋トレした筋肉があたたまり、緩んで良い筋肉痛に変わっていく感覚でした。

その積み重ねで、今は1度のランニングで差大体10kmは走れるようになりました。
スピードも・・・

【スタート時】
8〜10km/h
  ↓ 
【現在】
10〜12km/h 


1年半走り続ければ、足の遅い私でも少しずつ走れるようになっていきます!

トータルでの走行距離も、もう少しで3000kmに到達します!


塵も積もれば山となる、とは言ったものですね。

昨日お話しした通り、ただ速く走れば効果がある、という訳ではありません。

ゆっくり、65km/hくらいでもいいので、ウォーキングからランニングに変わるくらいのスピードで、ゆっくりランニングを続けていくことで、身体も、ランニングも確実に変わっていきます。

そして、これはトレーニング効果とは違うのですが、ランニングを習慣としてみて、よかったと実感していることがもう一つ。

頭の中がすごくクリアになり、考えが整理出来たり、面白いアイデアが浮かんで来たりします。

これは、ランニングしている時の頭の中の動きが、お風呂に入っている時や、トイレに行っている時など、人が閃きやすい状況に近いのかもしれません。

逆に、頭を整理したい時、仕事がうまくいかずにムシャクシャしている時にも、1時間のランニングを終える頃には、気持ちも落ち着いています。

これは、筋トレでは得られない副産物でした。
ランニング、おすすめです!

元プロサッカー選手が語る「ランニングの効能」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ