NEW

胸トレ大研究!!

【この記事のキーワード】

みなさん

こんにちはTAHARAです。

お仕事のご依頼は

FacebookのDM

またはLINEにて

にて受け付けております。

楽しく面白く運動処方出来たらと思っております!

ここ最近ですが…

スクワットというか、脚のトレーニングばっかり語りすぎだろう!

という天の声が聞こえてきました。

ですので、他のトレーニングについても大研究していこうと思います!

今回は上半身の中で

まずはトレーニングしておきたい!?

胸のトレーニングを考えて行きましょう!

分厚い胸、、、、

憧れますよねえ。

一概に胸と言ってもトレーニングは様々ですよね。

見て行きましょう!

ちなみに私はトレーニングで大切なことは筋肉を負荷によって引き伸ばして負荷に抵抗して収縮させることがとても大切であると思っています。

できるのなら、動ける最大範囲でトレーニングしたいと思ったりしています。

是非参考にしてください。

今日はプッシュアップを見ていこうと思います。

プッシュアップといえど、

足をあげたり、上半身をあげたり?

手の幅変えたり!?

一体どんな違いがあるのでしょうか!?

ちなみにこれはベンチプレスにも応用が可能です!

見て行きましょう!

①ノーマルプッシュアップ

基本的なプッシュアップはこんな感じでしょうか?

お家でできる胸(大胸筋)、二の腕(上腕三等筋)トレーニング出す!

手と爪先のみで地べたで肘を曲げ伸ばしする!というものです!

この動作では主に大胸筋と上腕三頭筋、(三角筋)に効きます。

ちなみに大胸筋に効くとしたら、中部〜下部あたりになります。

②足上げプッシュアップ

脚を上げた状態のプッシュアップですこんな感じでしょうか。

もちろん、重力の関係で普通のプッシュアップよりはキツそうです!

しかし、キツイ理由はこれだけではないからかもしれません。

このやり方では主に大胸筋上部、上腕三頭筋、三角筋に効きます!

なんと、肩にも入ります。

なぜきついか?

フリーウェイとをやる方は分かるとおいますが、この体勢はインクラインベンチプレスと姿勢が同じです。

フラットベンチプレスよりもインクラインベンチプレスの方が重さも扱えないと思います。ですので、それも関係していると考えます。

③上半身上げプッシュアップ

こんな感じですね

これは負荷は優しいそうですね!

大胸筋下部、上腕三頭筋、に効きます!

普通のプッシュアップより負荷は軽いかもしれません。

以上のように脚の位置や上半身の高さを変えることでもトレーニングの効果を変えることができます。

では、今度は腕の幅を見て行きましょう!

今回は広め、狭めで見て行きます!

①広め

手幅が広いプッシュプレスです!

絵心はご愛敬でお願いします笑

だいたい肩関節と肘関節が90度くらいになる位置のイメージです。

こうすると大胸筋と上腕三頭筋に効きます!

②狭め

肩幅でやるプッシュアップです。

この図でイメージがつけば良いですが。笑

こんな感じです。

なんと、手幅を狭めると、上腕三頭筋、(大胸筋)に効きます!

おっと、先と順番が変わりました!

それはなぜでしょうか!?

まとめ&筋肉のお話

手の幅を変えることでどうして効く筋肉が変わるのでしょうか。

これは、大胸筋の仕組み、構造に理由があります。

図のように大胸筋は腕の骨(上腕骨)、鎖骨、胸の骨(胸骨)に付着しています。

ちなみに上腕三頭筋は二の腕に付着しています。

これが大きく関わっています。

先ほど、トレーニングには、ストレッチと収縮が大切という話をしました。

手幅が広い分大胸筋がよりストレッチされて収縮する

逆に狭いとストレッチがそこまで聞かないため、肘を曲げるとストレッチのかかる上腕三頭筋に効くということです。

手幅が違うだけでこんなに違うのですね!

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

参考にして頂けると幸いです。

胸トレ大研究!!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ