NEW

肉と大腸ガンの怖い関係。食べ過ぎは禁物?

トレーニーにとって貴重なタンパク源であるお肉。豚肉、鶏肉、牛肉どれも美味しいですよね。

今回は、そんなお肉に関するちょっとシリアスな話題を話します。僕たちが普段食べているお肉が、健康にどのような被害を与えているのかというお話です。

肉類の摂取は結腸がんのリスクを上げる?〜多目的コホート研究(JPHC研究)より〜
「多目的コホート研究(JPHC研究)」という、肉類の摂取量と大腸ガンの発生率との関連を調べた研究があります。

研究では1995年と98年に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の10保健所(呼称は2009年現在)管内に住んでいた、45~74才のがんや循環器疾患の既往のない約8万人の方を、2006年まで追跡したものです。 

この研究では、追跡開始時におこなった食習慣についての詳しいアンケート調査の結果を実施。

肉類の総量や赤肉(牛・豚)・加工肉(ハム・ソーセージ等)の1日当たりの摂取量を少ない順に5グループに分け、その後に生じた結腸・直腸がんの発生率を比べました。

その結果、赤肉の摂取量が多いグループで女性の結腸がんのリスクが高くなり、肉類全体の摂取量が多いグループで男性の結腸がんリスクが高くなったんです。

また男女ともに、加工肉摂取による結腸・直腸がんの統計的に有意な結腸・直腸がんのリスク上昇は見られませんでした。

さらに、追跡期間中1,145例の大腸がん(結腸がん788人、直腸がん357人)の発生が確認されました。

肉類全体および赤肉・加工肉摂取量のランキングによる、結腸・直腸がんの相対危険度を比較しました。ここでは年齢や飲酒、肥満など大腸がんのリスクを高めることがわかっている、別の要因の影響は排除しています。

その結果、肉類全体の摂取量が多いグループ(約100g/日以上の群)で男性の結腸がんリスクが高くなり、赤肉の摂取量が多いグループ(約80g/日以上)で女性の結腸がんのリスクが高くなりました。

ちなみに、男性は赤肉摂取量によるはっきりした結腸がんリスク上昇は見られませんでした。

加工肉(ハム・ソーセージなど)摂取、日本人の一般的なレベルなら大腸がんリスクとならない
この研究結果では、男性・女性のいずれにおいても、加工肉摂取による結腸・直腸がんのリスク上昇は見られませんでした。

ただし、加工肉摂取量をもう少し細かく10グループに分けたところ、男性において最も摂取量の多い群で、結腸がんリスクの上昇が見られました(摂取量の少ない下位10%の群と比べ、上位10%の群では発生率が1.37倍)。

日本人が一般的に食べる量の加工肉では、はっきりとしたリスクはない。しかし、通常よりもはるかに多量に摂取する一部の男性では、結腸がん発生リスクを上げる可能性は否定できないという結果がわかったのです。

赤肉摂取と大腸がんについて
赤肉による大腸がんリスク上昇のメカニズムは、

動物性脂肪の消化における二次胆汁酸
ヘム鉄による酸化作用
内因性ニトロソ化合物の腸内における生成
調理の過程で生成される焦げた部分に含まれるヘテロサイクリックアミン(発がん物質)
などの作用が指摘されてきました。

これらの作用は、牛・豚肉といった赤肉に限らず、肉類全体の摂取を通してももたらされる共通のものとして捉えることができます。

今回の結果では、赤肉摂取による直接的な大腸がん発生リスク上昇は、男性において観察されませんでした。

しかし、牛肉・豚肉は肉摂取量全体の85%程度を占めることから、男性でも赤肉摂取による結腸がんリスク上昇の可能性は否定できないでしょう。

肉と大腸ガンの怖い関係。食べ過ぎは禁物?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ