NEW

貧血を極める!貧血について詳しく知ろう!

貧血について悩んでいる方は多く、日本人の 3 大足りない栄養素の中にも
カルシウムや鉄、3 個目はマグネシウムや亜鉛と言われています。         

実は「鉄分が足りている」という人は多くありません。世界3大栄養失調も、
ビタミンA、ヨウ素、鉄と言われるくらいなんです。
実際、日本にはたくさん貧血の人がいて、特に女性には月に1 回の生理があり、
出血量も影響して貧血に悩まされているかが多いです。
そんな「貧血」の問題にどう向き合うか、原因や対策を解説します!

鉄の重要性
貧毛の話をするとき、欠かせないのが「鉄分」の重要性です。
朝起きた時、低血糖でフラフラするのを防ぐのにコルチゾールが分泌されます。   そのコルチゾールの生成にも、鉄分が欠かせません。
日本と世界の「貧血」を比べてみよう。貧血は日本だけの問題ではありません。
あるデータによれば、世界で約20憶人の人々が貧血に悩まされている、または鉄分
の欠乏性が見られると言われています。割合で見れば約30%です。
日本国内をみても、鉄の摂取量が不足している人は、全体の20~30%に
のぼるほどです。

貧血の「基準値」を知ろう
貧血かどうかはの基準値は、血中のヘモグロビンの量が 1 つの目安となります。
医療機関においては、だいたい女性で言えば 12g/dl(デシリットル)、男性は 13g/dl
がひとつの基準です。
ただ、個人的見解としてはこれだと少ない。女性であっても 13g/dl、あるいは
それ以上欲しいですね。
この基準値で見ると、日本人は約 50%の人が貧血とも言われます。
世界の基準でみても、日本人は貧血で悩まされていると言えます。
貧血の基準値には、ヘモグロビンともうひとつ「フェリチン」というものがあります。
鉄は骨髄、筋肉、肝臓などで貯蔵されているのですが、フェリチンは「貯蔵鉄」と
呼ばれ、体の中に貯めてある鉄の量を表す 1 つの指標となります。
貧血気味という人の場合、そもそも体に貯蔵されている鉄分量が重要です。

いくつもある「貧血の原因」
貧血の原因はこれだけとは限りません。
もしかしたら肝臓の機能が弱いのかもしれないし、シンプルに鉄分の摂取量が少ない
のかもしれない。。。
50年前の日本の食事と比較しても、現代人の鉄の摂取量は非常に少ないということです。
僕たちは 1 日に12g~40gの鉄分を摂取することが推奨されています。
しかし、現代の日本人の平均は5~7g。
この摂取量では、貧血が増えているのは当然の結果と言えますね。
フラフラするし、力も出ない。
具体的な理由はなくても、体調不良がハッキリ出るので貧血は避けたいものだという
ことはわかります。
そもそも貧血はなぜならない方がいいのか。その理由はご存知でしょうか?
血中に多く含まれる「ヘモグロビン」というのは、酸素を全身に運んでくれたり体の末端にある毛細血管の血流を整えてくれたりする機能があります。
血中の鉄分濃度が薄い、あるいは鉄分の摂取量が少ないと血が作られない。
酸素の運搬能力が不足するので、体力がなくなって走れないという状態に
なってしまいます。

 

 

 


貧血で元気がなくなる原因
鉄分が不足すると「アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミン」などの神経伝達物質を形作るのに必要な、「カテコールアミン」が分泌されなくなります。
アドレナリン・ノルアドレナリンが適切に分泌されるというのは、メンタルヘルスに
おいても非常に重要です。これらが出ない結果、「元気がない」という状態になってしまうわけです。
ちなみに、鉄分不足は女性ホルモンの分泌量低下にもつながります。

 

ランナーに貧血が多い理由
僕たちの足の裏には、赤血球が大量に存在します。ハードなランニングで着地の
衝撃を受ける度に、足の裏にある赤血球が破壊され結果として貧血を招きます。
全身に運搬する酸素量が減ることで、体力はなくなりエネルギーや力も出なくなる。
貧血を防止するために「摂取しない方がいい」食べ物、貧血になりがちな人に鉄分を摂取するために「玄米を積極的に食べよう」という
アドバイスがありますが、注意すべきポイントがあるんです。
それは・・・玄米の食べ方。

 

もし玄米から鉄分を摂取するなら、しっかりと水に浸けるようにしましょう。
玄米に含まれるフィチン酸という成分には、ミネラルを排出する作用があります。
さらに玄米の食物繊維も鉄の吸収を阻害するので、食物繊維のサプリメントは
やめた方がいいでしょう。乳製品を含めたカルシウムの過剰摂取にも注意が必要です。
カルシウムを過剰に摂取すると、ミネラルバランスを保とうとしてカルシウムが
流れ出るのと一緒に、他のミネラルも流れてしまいます。
乳製品に含まれるカゼインにも、鉄の吸収を阻害することが分かっています。
普段から乳製品を多く摂取している人は、

 

一度食生活を見直した方がいいでしょう。


貧血防止のためにこれを食べよう!
貧血防止のために積極的に摂取したいのは、ビタミン C や赤血球をつくるビタミンB6を多く含む食材です。
貧血の種類にもよるが、ビタミン B12 や葉酸なども積極的に摂取するのがおすすめ。
貧血にはいくつかの種類があり、1つは「

 

鉄欠乏貧血」といって、一般的には鉄やビタミン B6 が不足することで起こる貧血。
もう1つは「悪性貧血」といって、ビタミンB12か葉酸が原因で起こる貧血です。
例えば胃の摘出手術をしてビタミンB12の吸収が阻害され、悪性貧血になってしまう
ことがあります。
あとはアルコールなど冷たい飲み物ばかりを摂っていると、胃酸の分泌量が減って
機能が低下し貧血になりやすくなることも。


貧血防止には肉・野菜をたくさん食べ

 

よう
貧血を防ぐのに食べたい食材は、鉄の吸収を促進する動物性タンパク質です。肉や魚などいろいろありますが、オススメはマグロの赤身やカツオなどです。
一緒にビタミンCも摂取するのもおすすめなので、野菜も一緒に食べるようにしましょう。

貧血を極める!貧血について詳しく知ろう!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ