NEW

有酸素によるデメリット

【この記事のキーワード】

, ,

皆さま、こんばんは!

パーソナルトレーナーの斉藤です。

今回は、有酸素運動によるデメリットについて書かせて頂きます。

有酸素運動といえば、ダイエットをするために行うという人もいますが、やることによるデメリットも存在します。

今回はそのデメリットを、3つ書かせて頂きます。

筋肉の減少

有酸素運動により、脂肪は減りますが、同時に筋肉も分解されてしまいます。

筋肉が減ってしまうと、その分代謝が悪くなり、痩せにくい身体になってしまいます。

確かに有酸素は短期的には痩せますが、長期的に考えた場合、筋肉が減ってしまうので、有酸素によるダイエットはお勧めできません。

 

身体の酸化

有酸素運動を行うことで、身体は酸化していきます。参加とは、簡単にいうと身体が錆びることです。例えば、鉄が酸化すると錆びてきて黒くなっていきますよね?あの現象が体内でも起きてきます。シミなどができ、見た目的に老けてきちゃいます。有酸素を行う人は抗酸化作用があるビタミンC、E、ポリフェノールなどを積極的に摂取しましょう。

怪我のリスク

過剰な有酸素のやりすぎは膝に負担がかかるので、鵞足炎や腸脛靭帯炎【ランナー膝】を起こすリスクが高くなります。特に太っている人の方が、膝への負担が大きいのでオーバーワークは禁物です。

有酸素によるデメリットのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ