NEW

乳がんの危険性を高める要因・・・

【乳がんの危険性を高める要因】について. . . .

乳がんとは、女性ホルモンであるエストロゲン依存性の病気です。 エストロゲンは女性ホルモンで大変重要なホルモンなのですが、エストロゲンにさらさ れる時間が長くなると、多くなる病気が増えます。
年齢的には40~50代がピークですが、乳がんになりやすい人は肥満家族に乳がんの人がいる、エストロゲンにさらされている期間が長い(初潮年齢が早い、妊娠、妊娠、出産回数が無い/少ない)という特徴があります。


・肥満が乳がんの危険性を高める?
肥満の目安として体格指数 (BMI)が使われる事が多い。 BMIは 体重(kg)身長(m)身長(m)という式で求められる。
日本ではBMIか25以上であると肥満と判断される。閉経後の女性ではBMIが高いと、乳 がんの発症が増えることが多くの調査で確かめられている。 脂肪細胞の多い女性は痩せた女性よりも多くのエストロゲンが作られます。
BMIが30を超えている女性はエストロゲンが多くなっている可能性が高く、乳がんを発 症する危険性が上昇します。


・ 飽和脂肪酸を摂りすぎない、脂身の多い肉に注意
脂身の多い肉(バラ肉、鶏 皮)チーズ、バターなどに含まれる飽和脂肪酸を食べ過ぎ ると乳がんの発症は増える。 飽和脂肪酸は加工食品にも多く含まれる。これらの食品を 食べすぎないように注意した方が良い。
食事で摂取する飽和脂肪酸の量が総カロリーの10%を超えないようにする事をお勧めし ます。 1日の摂取カロリーが 2000kcalの女性では、飽和脂肪酸を200kcal未満に抑えることが必要です。

 

 


・魚の脂肪酸を摂取すると乳がんのリスク低下
マグロ、サンマ、イワシ、サバなどの魚に含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸の摂取量が増えると乳がんになるリスクが低下する事が分かっています。
日本では伝統的な和食を取り入れた食事スタイルが減りつつあり、魚の摂取量も減少傾向にあり、がんや糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を予防するためにも、魚を取り 入れるのが大切です!!

乳がんの危険性を高める要因・・・のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ