NEW

腸内環境について!

食事はちゃんとしているのになかなか結果が出ない人がいると思います。

もしかしたら腸内環境の悪さが影響しているかもしれません・・

人間が幸せを感じるときに分泌するセロトニンというホルモンを分泌するのに腸内環境が重要です。 実際に鬱患者の人はセロトニンの分泌量が少ないことがわかっています。分泌するには必須アミノ酸のトリプトファンを摂取すること、日中に運動する、日光を浴びることが重要です。 ただセロトニンは腸内環境が悪かったり、便秘になっているなどがあると分泌しません。かといって下剤などで排出すればいいというものではありません。 免疫力の8割は腸で作られるため腸内環境が悪いと免疫力も低下してしまいます。

便秘になる人の最大の特徴はストレス、食事が影響しています。

腸内環境を改善する方法

・農薬を摂らない(有機野菜を摂取する)

・野菜の摂取量が多い ・肉類の摂取が少ない

・ヌカ漬け、みそ汁、納豆などの発酵食品をきちんと摂取している。

・脂質、水分量も十分に摂っている。

・食事のタイミングや時間が規則正しい時間に摂れている。

・毎回同じ時間にトイレに行って同じ時間に起きて不摂生な生活をしない。

・アルコールを過剰に飲まない。 上記のことを2~3週間行い、便秘の改善がしないことはほとんどありません。

 


人間の基礎代謝の7割は消化器官で代謝されるので小腸などが汚れてしまうと、基礎代謝 が上がりにくく太りやすい体になってしまいます。

食事誘発体熱産生というものがあり、摂取した食べ物を消化吸収する時にエネルギーとし て使ってしまうことです。食べ物を食べて汗をかく人は食事誘発体熱賛成が激しいため汗 をかきやすい。消化吸収する際に一番エネルギーを使う食べ物はタンパク質です。そのこと からもわかるように一番太りにくい食べ物はタンパク質です。

腸内環境が悪い人は消化吸収の際にエネルギーの発生がスムーズに行えないため太りやす い体になる。充実感得られないため摂食障害によって無駄なものをいっぱい食べてしまう ことも考えられるため、腸内環境整えるために発酵食品を摂取するのが大事だがヨーグル トを食べるのは良くない。動物性の乳酸菌は数が少なく、体内で死滅することが多いので植 物性の乳酸菌を摂取するのが好ましい。


以上のことを実施するだけでダイエット効果が上がりますので是非試してください。

Pick Up

腸内環境について!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ