NEW

生理痛をひどくする食事とは?

生理痛を酷くする食事答えを先に言います。3つあり・・・

・オメガ6

・砂糖

・アルコール    です!

 

 

それでは理由を説明していきます。

まず痛みとは、疼痛を感じる闘値を超えると痛いと感じます。 閾値が高い人は痛みを感じにくく、一方で不健康な人ほど生理痛を感じやすい傾向にあります。 オメガ6が生理痛を助⾧する一番の原因です。オメガ6を摂取すると体内でアラキドン酸に変わり、プロスタグランジンに変わる。その後神経痛反応であるブラジキニンが分泌します。

オメガ 6 は肉、コーン油、ひまわり油、サラダ油に多く含まれるので、生理痛を助⾧してしまいます。生理一週間前などに焼肉を食べるのはNGです。砂糖の摂取により、血糖値急上昇でインスリン過剰分泌して太りやすくなり、セロトニンの急激な喪失起こり、突然の虚無感に襲われます。 鬱や摂食障害になりやすく、落ち込んだ時に甘いものや、お菓子を食べたくなります。砂糖は消化吸収する過程でビタミンB 1、マ グネシウムを始めその他多くのビタミン、ミネラルを使用して体に負担をかけながら吸収しています。 ビタミン不足によりコラーゲン作られず粘膜に炎症が起きて肌の潤いもなくなりエネルギー吸収も阻害されてしまいます。 もう一つの要因としてビタミン不足により血管の拡張が起きてヒスタミンが分泌します。 ヒスタミンは体の中で炎症反応を起こし、結果的に痛みとなって生理痛を助⾧します。 アルコールも同じで加水分解、つまり水を飲むことによってアセトアルデヒド、酢酸、水に 分解されます。アセトアルデヒドが出されるタイミングでヒスタミンが分泌するので生理 痛を助⾧します。 アルコールは何も良いことがなく、ガンを助⾧する代表で プロトニウム、 アスベストと 同等にガンになりやすいと言われております。

生理痛を緩和する食事答え ・オメガ3 ・ビタミンA ・ビタミンC ・ビタミンE ・カカオ、ポリフェノール オメガ3 は炎症を抑える作用があり、魚に多く含まれています。その他にはアマニ、エゴマ油に含まれています。普段から積極的に摂取するのをおすすめします。 ビタミン Aには抗酸化作用があり人参などに多く含まれていてコラーゲンの生成、肌のターンオーバーを整える作用があり、ヒスタミンの過剰分泌を抑える効果があります。 ビタミン C は日中のストレスホルモンであるコルチゾール戦ってくれるので、果物を食べるのに朝が金と言われる理由です。ストレスに弱い人はもともとの体質もありますがビタミン、マグネシウムが足りていないことが多く、砂糖の大量摂取、睡眠の質が悪い人が多いです。ビタミンCが多く含まれているローズヒップがオススメです!ビタミンC の爆弾と言われるほどです。朝、豆乳ヨーグルトにローズヒップの粉末をかけて摂取すると余すこと なくビタミンを吸収することができます。 生理前はストレスが溜まりやすいため抗酸化であるビタミンを積極的に摂取し、他にもカカオ、ポリフェノールも良いです。

生理痛をひどくする食事とは?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ