NEW

呼吸について

呼吸は、結論から言うとめちゃくちゃ大事です! !!

肩こりや腰痛、パフォーマンスに呼吸は深く関わっています。

トレーニングメインで運動している方でも、呼吸は高重量を上げる上でもかなり重要で
す。

日本で呼吸が重要視されたのは、つい最近のことでした。
しかし海外ではプロ・アマのチームは「呼吸指導」を絶対に行うくらい、注目していま
す。今日はそんな「呼吸の重要性」に気づけるお話をします!
呼吸が上手にできることはとても大事!
僕たちは、1日に約2万回呼吸をしています。
2万回アームカール、2万回スクワットやったらどうなるでしょう。筋肉はパンパンにな
り、はじけ飛ぶのではないでしょうか(笑)


実は呼吸も、横隔膜などの筋肉を使って行う運動なんです。
それを 2万回行なっているわけですから、呼吸のやり方が間違っていたら肩こりにな
ってしまうのも当たり前の話。
電車内、サラリーマンの方で肩が上がってしまって丸くなってしまっている方は、呼吸
を肩でしています。これを2万回繰り返すことで、腰は反ってしまい、肩も上がり、肩こりや腰痛を誘発してしまうんです。


呼吸のメカニズム
僕たちが息を吸うと、横隔膜が収縮して下に降ります。逆にハァ~と息を吐くと、横隔
膜は緩んで上に上がります。 これが、横隔膜の呼吸筋としての役割であり、正しく呼吸ができている状態です。 とてもシンプルですが、この常識をしっかり頭に叩き込んで次を読み進めてください!
例えばトレーニングをする方が、スクワットをする時に重りを担いだ瞬間お腹を触る
と勝手に圧がかかり硬くなっています。
こうしたお腹に圧がかかっていることを「腹圧」と呼びます。
正しい呼吸ができる方は、腹圧のコントロールが自由自在。息を吐いて肋骨を押し下
げた状態で、お腹に空気を入れて横隔膜を下げ内臓を外側に360°広げた状態を
作れます。 これがいわゆる背骨を圧で安定させて固定させた状態で、専門用語で「ブレーシング」と言います。
これは、ペットボトルに空気がパンパンに入りねじることも潰すこともできない安定し
た状態と同じ。
言い方を変えると、ひねる運動や腰を丸めたり伸びたりする運動には向きません。
コンタクトスポーツで人が当たった瞬間、背骨や体幹を固めます。走る時も、体幹がブ
レないように安定する必要がありますよね。
スクワットする時は背骨、腰椎を痛めないように腹圧を入れます。普通に生活してい
る時でもスポーツをしている時でも、ブレーシング、腹圧のコントロールが必要なシー
ンが非常に多いです。
理想の状態は、回旋系の動きやコンタクトでぶつかる瞬間など、それぞれのタイミン
グに合わせて無意識に腹圧をコントロールできること。
腰痛になる方は、ブレーシングの状態や逆に息を吐き切ってお腹をペチャンコにする
ドローインという状態が苦手というデータがあります。それぞれの呼吸でメインに働く
横隔膜や腹横筋などを、上手にコントロールできないためです。
筋トレ時に腹圧が抜けている人(ベンチプレスで腰を反り肋骨が前に出ている人な
ど)を見ると、正直「ケガをしたいのかな」と思ってしまいます。
呼吸はやる気、リラックスに欠かせない「自発的行動」
呼吸は神経系に語りかけることのできる、唯一の自発的行動です。
僕たちがイライラする or 落ち着くという時には、交感神経や副交感神経が深く働いて
います。実は、息を吸う時は交感神経が、息を吐く時は副交感神経がそれぞれ優位
に働いているんです。


デスクワークの方で、肩で息をして肋骨が開き気味になり、横隔膜が動かないのでお
腹に息が入りにくい人がいます。
彼らの呼吸は浅くなりがちで、慢性的な酸素不足に陥ります。すると、「吸って吐い
て」ではなく「吸って吸って吸って吐く」という、アンバランスな呼吸になるんです。
彼らは総じて交感神経が優位になりやすく、吐く時も自然と息が抜けるというよりは、
一生懸命に力を込めています。そのせいで、興奮状態が続き眠りが浅くなりがちで
す。
副交感神経が働くためには、落ち着いて優しく筋力を使わないで、自然に息を吐ける
ようにすることが重要です。 「深呼吸して下さい」とお相手に伝えても、力いっぱい息を吐いたら全然リラックスできません。深呼吸というのは、大きく吸って力を抜いてゆっくり吐くから、落ち着くことができます。

呼吸についてのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ