NEW

【自宅トレ】お腹を引き締めるドローインのやり方 簡単!器具なしトレーニングくびれダイエット

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!


あなたはこんなことありませんか?

・歩いているとき“ふらつく”
・体がブレて“よく躓(つまず)く”
・姿勢が悪い
・肩こりや膝の痛みがある
・トレーニング時にすぐに腰が痛くなる

もしかするとその原因は体幹の弱さかもしれません。

対策としては、お腹の筋肉の腹直筋と共に腹横筋や腹斜筋などの腹筋群、そして背中側の筋肉群をバランスよく鍛えるようにしましょう。そのためにまず最初におすすめなのがdraw in(ドローイン)です。

 

≪こんな人にお勧めです≫

・運動する機会が減り姿勢が悪くなった
・太りやすくなった
・仕事のパフォーマンスを高めたい
・姿勢を良くしたい
・ハードな運動は苦手
・忙しくてなかなか運動時間が作れない
・女性らしい美しいウエストが欲しい

→ そんな方に ぴったり!!!


≪Draw in/ドローインで期待できる効果は?≫
・ぽっこりお腹を引き締めて着こなし力UP
・腰痛予防でパフォーマンスUP
・呼吸の質の向上
・尿漏れ解消
・姿勢が改善して第一印象が向上
・代謝向上によるダイエット効果 など


≪ドローインの方法は簡単!≫
ひとつは、細く長く息を吐きながらお腹をへこめて、ゆっくり息を吸いながらお腹を膨らます。つまりお腹の動きを意識しながら腹式呼吸を繰り返す方法です。(最初は床に仰向けに寝た状態で、お腹に手を当てて行うとやりやすくなります)


≪そして、より効果的な応用編の方法は?≫
・細く長く息を吐きながらお腹をへこませます
・へこめたお腹をキープしたまま浅い胸式呼吸を繰り返す(深層筋を集中的に動かす方法です)
(10秒くらいからスタートして、慣れて来たら30秒ほど続けましょう)


≪動画で確認(*^-^*)!≫
~【自宅トレ】お腹を引き締めるドローインのやり方~
簡単!器具なしトレーニングで“くびれ”ダイエット
https://www.youtube.com/watch?v=66RIbIqpYOU

この動画は2014年に撮影したものですが、簡単にドローインの基本を確認することができますので、ぜひご覧ください。

次回は、より安全に効果を高めるOKポイントと意識するべき筋肉について解説します。お楽しみに。


マハロ~♪     

Pick Up

【自宅トレ】お腹を引き締めるドローインのやり方 簡単!器具なしトレーニングくびれダイエットのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ