≪2020年≫コロナ対策ランニング時のエチケット 「マスクやバフ」でウイルスを周りに撒き散らさないように!

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!


長引く外出自粛生活の中で、運動不足の解消はとても重要なテーマであります。
そんな中で、屋外でのジョギングや散歩の際にも、一定の配慮が求められることになってきました。


コロナ問題から始まった外出自粛やジムの一時閉鎖による運動不足の解消に、当初は密にならぬように注意しながら、屋外でのランニングやジョギングで、日光を浴びて体内でビタミンDを生成することも免疫力向上のためにも大切だという声も上がっていましたが、状況は大きく変わっています。(4月16日時点)


運動不足とストレスの解消に走り出したマラソン初心者の方にも、もともと走りが趣味で大好きだった人たちにとっても、マラソン大会が軒並み中止となり失意の日々が続くなかではありますが、外を走っているランナーの方は、ぜひ今回の情報を最後までご確認ください。

動画で見る人はこちらからどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=bhcc57EPqAg

 

≪ランニング時のエチケット≫
それは、コロナ対策にランニング時のエチケットを呼びかけた京都大学iPS細胞研究所所長で2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授からの情報です。

「周りにウイルスを撒き散らしているかもしれません。マスクやバフの使用を。」といった内容です。


山中伸弥教授のジョギング時に注意すべきエチケット(4月16日公開YouTube動画)・・・屋外での運動は安全とされている状況について触れつつ、新型コロナウイルスは自覚症状のない感染者の方が多いので、気づかずにジョギングをしている人が走って大きな息をすることで、周りにウイルスを撒き散らしているかもしれないとして、マスクやバフなどの布で口元を覆うことをおすすめしています。・・・

山中伸弥教授の動画はこちらhttps://youtu.be/sO1BmlMij8c


≪新しいジョギングエチケット≫
外出自粛が続く中、健康管理のためにジョギングをする人が以前よりも増えているようにも見えます。問題なのは、新型コロナウイルスに感染していても無症状の方、自覚症状のない感染者、そして発症前の潜伏期にもすでに感染力があると考えられていることです。そのような状態でのジョギングによる周囲への感染リスクです。

ジョギングできるくらい元気でも、実はすでに感染しているかもしれません。走って大きな息をするときは、咳やくしゃみと同じように周囲への配慮が必要です。


≪現段階での対応を5つにまとめると≫
1・混雑する時間帯を避けて走る
2・人との距離を空けて単独で走る
3・前を走る人の真後ろに行かない
4・前後に並んでしまうときは10m以上の距離をとる(ウォーキングでは4~5m)
5・マスクやバフなどの布で口元を覆う


・・・参考情報まとめ・・・
*一目瞭然、下記の関連記事の走るとき10m離れる…サイトで画像をご覧ください。

☆本文中のバフというのは、こんな感じのものです
アマゾンで見る

☆【多機能】1つで10役?!便利なアイテムをみつけました!
シームレスネックゲートル・フェイスマスク・ダストウィンド・UVプロテクションスカーフ・バンダナバフチューブ・フェイスカバーバンダナ・ヘッドバンドマスク・釣り狩猟モーターサイクルおよびその他
アマゾンで見る

///////////////////////////////////////////////////////////

☆関連記事:わかりやすい画像が載っています。
走る時は、10メートルくらい離れないと感染の危険があるという報告)⇒
https://medium.com/@jurgenthoelen/belgian-dutch-study-why-in-times-of-covid-19-you-can-not-walk-run-bike-close-to-each-other-a5df19c77d08


山中教授の開設した「新型コロナウイルスに関する情報発信のホームページ」では、国内外の論文やデータなどさまざまな観点の情報が掲載されています。
山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
https://www.covid19-yamanaka.com/

/////////////////////////////////////////////////////////

まだまだ事態は二転三転して、本考察も撤回されることがあるかもしれませんが、現状の感染の拡がりの中では用心にこしたことはないですね。

ジョギング・マラソンのみならず、スポーツ界全体に影響を及ぼすことなので、今後の情報の更新にも注意を向けていくべきですね。

 

毎日毎日いろいろな情報が飛び交いますが、「パンデミック(感染症の大流行)」と同様に危険な「インフォデミック(誤った情報やフェイク(偽)ニュースが大量に拡散する状態)」に惑わされないように、冷静さを保ち他人への思いやりを大切にしていきたいですね。

シンガポールのリー・シェンロン首相が「恐怖はウイルスより有害だ」と語りかけていたように、不安や緊張で混乱状態に陥らないように日々冷静に対応していきましょう。一人一人の力を合わせれば、未来は変えられる!

繰り返しますが、最新情報は日々更新されていっていますので、今後の動きにも注意しながら、力を合わせて、自分と周囲の大切な人と社会を守っていきましょう!

≪2020年≫コロナ対策ランニング時のエチケット「マスクやバフ」でウイルスを周りに撒き散らさないように!
https://www.youtube.com/watch?v=bhcc57EPqAg

マハロ~♪  

 

 

関連記事
Pick Up

人気記事ランキング

SNS