NEW

究極シリーズ押す力〜腕立て伏せ〜

【この記事のキーワード】

, , ,

究極トレーニングシリーズ第一回目は、〜押す力〜
 
 
 
『究極トレとは人間が本来持っている力(押す力、引く力、踏む力、蹴る力、起き上がる力、支える力、、)を鍛えるトレーニング』
 
 
ですので、体一つで鍛えようと思えば鍛えられます。
 
 
どうゆうことか
 
 
今回は、『押す力』という事ですが
 
押すというのは、手のひらを体に近いところから遠いところに動かす力です。
 
この時に使われる筋肉が主に大胸筋です。上腕三頭筋も使われていますが、主に大胸筋。
 
大胸筋を鍛えるようなトレーニングで代表的なのが、腕立て伏せやベンチプレスです。
 
 
これは、自分の手を遠くに押し込むトレーニングです。
 
あまりトレーニングについで詳しくない方は、腕立て伏せが胸の力という事はあまり気づかなかったのではないでしょうか?
 
「腕の力ではないの??」
 
と思いませんでしたか?
 
 
確かに腕の力、上腕三頭筋と言われる二の腕の筋肉を使いますが
 
胸にある大胸筋を使います。
 
 
 
しかし、それを知らずに腕の筋肉だけを使うと思い込みトレーニングをすると
 
まず胸の筋肉の使用感は得られないでしょう。
 
 
腕立て伏せを、やる事に精一杯にならないのでほしいのです。
 
 
どういう事か
 
 
先程も言ったとおり、腕立て伏せは胸の筋肉です。
 
 
 
胸の筋肉の役割は、押す力の発揮です。
 
押し込むという事は、手のひらを遠くに動かす事です。
 
 
という事は、腕立て伏せに大事なのは手のひらを遠くに動かす事
 
すなわち強く床を押し込むことに意味があるのです。
 
強く押すことにより、胸の筋肉が使われるのです。
 
 
 
ですが、肘の曲げ伸ばしになったりしてませんか?
 
下げる事に夢中になってませんか?
 
更に腕立て伏せの効果を上げるには、強く床を押す事をおすすめします。
 
 
何回も腕立て伏せができる人も是非やってみてください。
 
いつもの腕立て伏せより、キツイと感じるはずです。
 
なぜならば、今までの腕立て伏せ一回に使われるパワーが1だとすれば
 
強く押す腕立て伏せは、常に毎回パワーMAX!
 
 
筋肉は、より強く力を発揮しようとする方が成長します。
 
 
重りがあれば、重りを足していく事により結果的に力を強く発揮する事になりますが
 
腕立て伏せは、重りを足すということも出来ない事はないですが
 
強く押す事をおすすめします!
 
 
自分の意識による内的要因で床を強く押して、より強い力を発揮する事は
 
重りを足して、外的要因によって結果的に力を発揮する事よりも断然体にとっては良いと言えるでしょう。
 
なぜならば、本来持っている押す力は内的要因による自分の意識の力だからです。
 
 
 
そして
 
重りがなくても、強く押すことができる事が本来のあるべき人間の能力と私は思います。
 
 
 
よって今回の究極トレーニングは、
 
『強く床を押しながら腕立て伏せ』でした
 
 
是非、究極トレで自分の体を本来ある力を呼び戻して
 
運動能力も高く、怪我もしない
そして
カッコよく素晴らしい体を目指してくださいね!
 
○<おすすめ記事>水泳に筋トレは必要か

https://biz-journal.jp/fitness/2020/04/post_6895

 

△木下涼介のスイミングレッスンのホームページはこちら

なぜ泳げないのか、そのなぜにお答えします。

レッスンを受ける人があっという間に泳げるようになる秘密があります!

https://swim-versus.com

 

△木下涼介公式 LINEアカウント

木下涼介のお徳な情報や、レッスンスケジュール、トレーニング内容を更新!是非友達登録お願いします!

https://lin.ee/fkUZy4F

 

△インスタグラムはこちら

フォロー&いいねよろしくお願いします!

https://www.instagram.com/kinop_fit_swim/

 

△記事一覧はこちら

https://biz-journal.jp/fitness/author/suirikuryoyo_trainer

 

△YouTubeチャンネル

登録お待ちしてます

究極シリーズ押す力〜腕立て伏せ〜のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ