NEW

ファスティングの基本ルール ~後編~

こんにちは!

fitbox登録トレーナーのふっかです☺

 

今回は前回のファスティングの基本ルールの後編ですね。

ファスティングのルールは非常に重要なので前半を読んでくださった方はもちろん、この記事を初めて読む方は前半もしっかり読んでもらえると嬉しいです^^

 

それではさっそく後半の5項目を解説していきます。

※この記事はIBMF公認ファスティングカウンセラーの資料を参考にしています。

 

ファスティングの基本ルール

※前回の続きなので⑥という表記で進めていきます。

⑥アルコールは控える

アルコールは個人的にはそもそも身体によくないものだという認識があるのでファスティングにおいても不必要なものであるだろうということはその通りかなと思います。

アルコールを摂取すると体内の反応としてはアルコールを素早く分解しなくてはいけない!となります。アルコールから生成されるアセトアルデヒドは身体にとっては毒です。アセトアルデヒドを分解するために大量の酵素が使われてしまいます。ファスティング中は特に酵素が重要であまり酵素を利用しないようにしたいため、アルコールの摂取は控えたほうがいいですね。

 

⑦空腹感を解消する

空腹感を感じてしまうのはファスティング中は必ずといっていいほど起こる問題です。ここで何も食べずに我慢して過ごすのか、なにかしらで紛らわすかでも心のもちようや今後の経験値としての記憶に大きな差が生まれます。ぼくとしてはこの空腹感を感じたタイミングで良質な水や果物やすりおろしの野菜ジュースなど消化にいいものを少量摂取するといいと思います。どれだけ辛い思いをしないか、ということがかなり大切になってきますよ^^

 

⑧身体を芯から温める

1日の中で就寝時は【吸収と代謝の時間】です。就寝時に少しでも体温があがることで免疫力のアップや代謝のアップにつながります。シャワーではなく入浴、薄着よりも1枚多く着るなど工夫をして身体を温めるように心がけましょう。

 

⑨良質な睡眠をとる

⑧でも解説した通り就寝時は吸収と代謝の時間です。良質な睡眠をとることで新陳代謝が活発になり、代謝酵素が働いてくれます。また翌日分の体内酵素を生成する時間でもあります。そのような働きを考慮したうえで毎日20時∼翌朝4時までの間の7~8時間は睡眠に充てることが理想です。それが難しい方でもなるべく睡眠時間を摂ることをおすすめします。

 

⑩結果を追い求める

日頃使用する調味料や食材もOKフードに切り替えたり、サプリメントを常備して栄養不足をいつでも補えるようにするなど意識改革をすることも大切です。食品選びからこころがけてファスティングが終わっても健康的な食事をしていけるようにしましょう☺

 

 

終わりに

いかがでしたか?

前編と後編の2回に分かれてしまいましたが、ファスティングを行ううえでの基本的なルールはご理解いただけましたでしょうか?

ファスティングは効果絶大な食事療法であるからこそ、正しい方法で行っていただきたいのです。専門家に指導を受けることができない方は特に今回の記事を参考にセルフファスティングを実践してみてください。

それでは次回の記事もお楽しみに!

公式LINE@のご登録もぜひよろしくお願いいたします☺

↑↑ふっかの公式LINE@↑↑

ファスティングの基本ルール ~後編~のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ