NEW

コーラの有害性はヤバい!

【この記事のキーワード】

, ,

 みんな大好きコーラですが、その成分について考えたことはありますか? おそらく、健康に良いと考えている方はほぼいらっしゃらないかと思います。では逆に、どのくらいに健康にとって良くないのか、この記事で解説していきます。

【この記事の内容】
1 コーラの主成分
2 コーラの有害性
3 まとめ

1 コーラの主成分

・果糖ブドウ糖液糖
・砂糖
・炭酸
・カラメル色素
・酸味料
・香料
・カフェイン

 

2 コーラの有害性

 これらが主成分となっていますが、上から含まれる量の多い順です。主成分を見てわかることは、コーラが糖分と添加物の塊だということです。果糖ブドウ糖液糖は、遺伝子組み換えによって作られた異性化糖のことで、高果糖コーンシロップというのが本来の呼び名です。果糖ブドウ糖液糖は体重の増減という問題以前に、私たちの健康にとって良くないものだということが世界中で知られています。コーラ以外にも、果糖ブドウ糖液糖を含まれるものはなるべく控えたほうがいいでしょう。

 また、砂糖の量も半端ではありません。角砂糖に換算すれと恐ろしいほどの数になります。コーラによって大量の砂糖を摂取し続けると、体内では高血糖になるため、過剰なインシュリン分泌で低血糖になります。また、下がった血糖を上げるためにアドレナリンなどが分泌されます。これによってふらふらする感覚、キレやすい、自分の感情のコントロールが苦手になる、といった特徴があります。

 そのほかの添加物も当然、体には悪いですし、コーラにビタミンやミネラルなどの栄養素は一切含まれていません。

 果糖は糖化反応を起こしやすく、老化の原因にもなります。また、果糖はガンのエサになるともいわれています。

 

3 まとめ

 この記事からわかる通り、コーラは体にとってまったく良くありません。しかし、それをカロリーゼロの炭酸水で代用するのはさらに危険です。現在に研究ではカロリーゼロ商品に含まれる人口甘味料は糖尿病のリスクを伴うといわれています。

 コーラは人体への負担が大きいので、できることなら控えていって、最終的に飲まないのがベストです。

Pick Up

コーラの有害性はヤバい!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ