NEW

腹筋は毎日やっていい?腹筋の正しい頻度とオススメメニュー

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソナルトレーニングを検討している男性の大半が、

「腹筋を割りたい」

「腹回りの脂肪を落としたい」

といった内容ではないでしょうか。


腹筋は回復が早いから毎日やっていいといった情報もあり、

夢のシックスパックのために家で毎日腹筋をやりまくっている人もいるかもしれません。


そんな人達のために今回は正しい腹筋の頻度について説明します。

腹筋も他と同じ筋肉


当たり前ですが腹筋も大胸筋や広背筋と同じ骨格筋です。

筋肥大目的で大胸筋や広背筋を毎日トレーニングする人はあまりいません。

筋肉の成長には休めることが必要ですので。


腹筋も同じで鍛えたらしっかり休ませないといけません。


ですので毎日行うのは効率が悪いです。


腹筋は大きい筋肉ではないため、小筋群と同じように、週2程度の方が筋肥大には効果的だと思われます。

それ以上行いたい場合は、腹直筋と腹斜筋を分けて鍛えると良いかと思います。


腹筋は意外と速筋線維が遅筋線維より多いため、高回数だけでなく、10回限界で行うような運動も行いましょう。

オススメメニュー

腹筋のオススメメニューの1例を紹介します。

このメニューのAとBを中2日空けて行いましょう。


腹筋メニューA

高重量の日

ハンギングレッグレイズ 

10~12回 3セット

ケーブルクランチ 

10~12回 3セット

腹筋メニューB 

高回数の日

バランスボールクランチ

20~30回 3セット

ロシアンツイスト

20~30回 3セット

アブローラー (膝をついて)

出来るだけ3セット


高回数の日がなかなかしんどいですが、かっこいい腹筋のためなら皆さん出来るはず。笑


腹筋のトレーニングは腰を痛めやすいので、フォームは気をつけて行いましょう!
 
 
 

腹筋は毎日やっていい?腹筋の正しい頻度とオススメメニューのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ