NEW

鍛えるというより、使える。

【この記事のキーワード】

こんにちは!

 

走った後はやっぱり炭酸っ!!チャラになっても飲みたいですよね?

ですよね?えっ?我慢ですか?

 

 

 

では、アナタの分も私が飲みます!

Tagamixですww

 

 

 

前回はランニングに必要な足裏の運び方を

お伝えしましたが、今回は上半身の動き。

 

 

【肩甲骨】です。

 

 

 

 

 

 

 

 

四肢動物の肩帯を構成する骨の一つである。

人の肩甲骨は肩に一対あり、後方から肋骨を

覆っている三角形状をした大型の骨である。

 

と、簡単に言うとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単ではなぁ〜い!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

 

ですよね💦笑

 

 

つまり、背中側を担当する肩の骨

という考えで良いかと思います。

 

 

その肩甲骨を、どの様にしてランニングに

活かしていくかという事ですが、

皆さん子供の頃にこんな声かけをされた

記憶がありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

『もっと腕を振って!』

 

 

 

 

それだけでいきなり速くなる訳ではない

ですが、何か大事なアドバイスっぽい。

 

それくらいですww

 

 

 

 

ただ多く方が、身体の前で腕を振って

しまっている傾向にあります。

 

これは肩甲骨が全く動かせていない。

つまり、走る力に活かされていない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

肘を目安にしてみて下さい。

 

自分の肘が脇腹あたりから背中に向かって

動く様に腕を振ってみて下さい。

 

それに伴い肩の動きが大きくなり、

脊柱や腰椎の捻転が自然に起きてきます。

捻転につられた骨盤が・・・

 

 

 

 

解りにくくなってるぅ〜!!(ノ≧∇≦)ノ ミ ┻━┻

なってましたねww

 

 

 

とても簡単に解説しますと、サッカーボールを

蹴る時のイメージです。

 

蹴り足と同じ側の肩が大きく動いて

いる事で、しっかり足が前に出ている。

これをランニングに応用する訳です!

 

 

どうしても足の方ばかりに気が向いて

しまいますが、実は上半身と連動した

動きこそが大切なのです。

 

 

 

 

皆さんも肩甲骨をしっかり動かして、

下半身への負担を減らし、もっともっと

楽しく走れる様になりましょう♪

 

もっと詳しく知りたい!しっかり極めたい!

という場合は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fitbox・Tagamixまで♡

以上です!!

 

鍛えるというより、使える。のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ