NEW

自衛隊訓練日記【匍匐前進から学ぶ】


 
今回は、“匍匐前進”について書いていこうと思います。その中から私が学べたことについて共有していければと思います。この記事通じて、何か1つでも有益なものになればと思います。
 

【なぜ自衛官は匍匐前進を行うのか】


皆さん、自衛官はなぜ匍匐前進を行うのかご存知ですか?

さすがです!

匍匐前進は敵から発見されないように身を守るために存在します。
 

身を守りながら相手を殲滅す。これが根底にあるわけですね。では、匍匐前進は何種類くらいあるかご存知ですか?
 

【匍匐前進の種類】


匍匐前進にはなぜ種類があるのでしょうか?

そう!場面により体勢を変えなければいけないためです。

例えば、敵とめっちゃ近いのに、もう立ったような姿勢であれば相手にすぐ見つかってしまいますよね。

基本は相手に近づけば近づくほど低くゆっくりな移動になっていきます。

では、その数とは・・・わかりませんw

場面により変化するので、もう低い姿勢で移動できるものを全て匍匐と言ったりしているためです。

しかし、航空自衛隊では基本的に1〜5段階での匍匐教育を行ったりしています。
この5段階によりどんどん姿勢が低くなっていくわけですね。

番外編で「尺取虫」「四つん這いの匍匐」なんていうのもあったり、なかったり・・・
 
 

【ここから読み取れること】

トレーニングも同じで、場面や状況により負荷や強度を変化する必要があるということです。ただ漠然と前に進む、的に近づく馬鹿はいないってことです。
 やはり、目標達成、敵を殲滅させるためには、そこまでに過程でなにができるのかをしっかりと考えて行動していく必要があります。
 筋肉をでかくしたい、健康になりたい。そうするためには、今の自分になにか変化を与えてあげることが必要かもしれません。
 ぜひ、毎日の習慣であったりトレーニング方法であったり何か変化を与えてみてはいかがでしょうか?
 

次回は、“射撃訓練から学ぶ”について書いていこうと思います。
 
※ここでは、私個人の実体験により感じたことを書いております。

Pick Up

自衛隊訓練日記【匍匐前進から学ぶ】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ