NEW

【肩こり解消! 自分でできる肩の動きを改善するストレッチ】

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!


≪肩こり解消!

自分でできる肩の動きを改善するストレッチ≫

病院にも気軽に行けなくなってしまった2020年
免疫力の低下が命を脅かす2020年
ひとりひとりが健康リテラシーを高め
自分の身体は自分で守る生き方が、ますます大切な時代に入りました。

そんな中、在宅ワークによる運動不足から、「肩こりや腰痛・肥満」に悩む人も増えている様子。あなたは大丈夫ですか?

今回は、肩こりの予防解消&姿勢や呼吸の改善につながる「肩の可動域を広げるストレッチ」をご紹介します。

動画で確認したい人は、こちらからご覧ください⇒
【肩こり解消 セルフストレッチ&マッサージ 自分でできる肩の動き改善法 NGマッサージとOKマッサージの違いとは?】
https://www.youtube.com/watch?v=zJnCK13WwaQ


≪この動画はこんな人にお勧めです≫

・テレワークで疲れを感じやすくなった人
・四十肩?五十肩?なんだか腕の動きが悪くなってきた人

・なんだか息苦しくて集中力にかける人
・パソコンやタブレットに触れる時間が増えた人

・肩まわりが重たく感じる人
・最近、歩く機会が減った人

・座ったり、寝転がったりしている時間が増えた人
・外出が減って身体が委縮している人

・新型コロナウイルスによるストレスで心の過緊張が続いている人
・首こり・肩こりが慢性化している人


≪肩まわりのセルフストレッチ≫

1:上に伸ばした腕の肘をまげて、反対側の手を肘のあたりに添えて軽く引っ張ります
(肋間筋などの体側と上腕三頭筋を中心に優しく伸ばします)

2:そのまま伸ばしている腕の肘を伸ばして、さらに深いところから伸ばします
(呼吸は自然に深く繰り返します)

3:さらに伸ばしている腕をひねることで、ストレッチ部位を少しずらします

4:腕を持ちかえて、反対側の腕の重みを活用してさらにストレッチします
(肩まわりの可動域を改善するためには、肋間筋のストレッチも重要です)

5:反対側も同様に行いましょう

*動画で確認したい人は、こちらからご覧ください⇒
https://www.youtube.com/watch?v=zJnCK13WwaQ


座ったままでもできる簡単ストレッチですが、日頃から座りすぎている人は、ぜひ立ち上がって行いましょう^^!

次回は、首・肩・背中まわりのコリの解消のキーとなる「肩甲骨」と、その周辺の「胸骨や上腕骨」との連動を改善して、血行を促すストレッチを解説します。筋肉を緩めて痛みを軽減させるストレッチと共に簡単なマッサージのコツも公開します。
お楽しみに!

マハロ~♪ 

【肩こり解消! 自分でできる肩の動きを改善するストレッチ】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ