NEW

メンタルって? ~Vol3~

【この記事のキーワード】

目標設定の仕方の例題として… 迷路!!


スタート〜ゴールを目指す上で
どんな現象が起きているのか、何を感じ取るのか。
進んで戻るを繰り返しながら進んでいく。
一方でゴールから逆算して進む人もいるだろう(考え方は多様)


①迷路
②迷路の中に道筋(進む方向への矢印)がある


①<②の方がどんどん進んでいくことがわかると思う



②はゴールに進む際の「スモールゴール」が存在している


過去数十年間に渡りメンタルトレーニングでは
トップアスリートor中々成長していかない人
→比較検討を実施!


つまり、
トップアスリートの欲求と思考と行動を研究した結果、


 ↓


勝って成長していく選手は
「ゴールまでのスモールステップバイステップ」を持っていた!


1流選手
コンスタントに結果や成長、伸びていく選手
2流選手
いい時と悪い時との差が激しい選手
3流選手
そこにいるだけの選手


Q.では、1流と2流を隔てている違いは一体なんだろう??


1流選手と2流の選手の違いは
“ゴールへの矢印を自分で入れているのか、そうでないかの違い”
1流選手はこの矢印を自分で工夫して入れていた!!
この矢印を入れていく力が育っていた!


その挑戦をした結果 
→    失敗から得た気づきや学び →    成功へと工夫していく力
プロセス目標を作る力が強かった!上手かった!


思考を整え実行していく。


急にですが、、、


Q .何もない迷路を思い浮かべて見てください。


そこにゴールへの道筋を付けて見てください。
そしたら何か変わりませんか?


そうです。もしかしたら“行けるかも”や“できそう”だな感が生まれる又は高まる。


 ↓


「行けそうだな!」「やれそうだな!」が人間の やる気 なんです!!!
*専門用語でセルフエフェカシー(自己効力感)


やる気は量があるか、ないか・高いか、低いかではなく、


“やる気の質が良いか、悪いか”


上記のセルフエフェカシーを高める方法は…


①達成体験 (クイックウィン)
・自ら目標を立てて小さな目標達成体験を積み重ねていくこと
それから大きな目標体験を得ていくこと
*クイックウィンは「これこうなるんじゃないか」と小さな仮説を立てて
 結果「おっ!思ったとうりになったぞ!」と体験を重ねていく。
自分の中で目標を立てそれが上手くいった!となるように重ねていく


②代理体験
成功・達成を観察して自分に置き換えプラスのイメージを作る。


③言語的説得
「あなたならできる」:励まし(言いすぎると逆効果)
能力やスキルではなく、チャレンジや努力、工夫を褒めてあげる!!
時には努力や行動についてダメ出しすることはある。
また、結果に対しても褒めない


④生理的情緒的高揚
苦手なことの克服、的確なアドバイスから乗り越えた体験
簡単に言うと、
自分:「大丈夫かな?」
他者:「アドバイス」
結果 →  自分:「できた!!よっしゃ!」 *よっしゃ!まで

メンタルって? ~Vol3~のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ