NEW

日本一を目指した理学療法士がパーソナルジムに来た話①

【この記事のキーワード】

スポーツパフォーマンスや機能改善 、ボディメイク様々なサービスを取り入れようとしていた 
 
前職場に理学療法士が機能改善のサービスを取り入れるために採用されました。 
 
 
ここで彼の登場により私の今まで5年間培ったのトレーニングの指導方法が完全に壊されました。 
 
パーソナル業界の難しいところは 
 
「効かせたいところが効かない」 
 
これに尽きると思います。 
 
その為スタンダードな種目からどんどん離れたフォームの種目がSNSにHOW TOとして 
 
上がっています。 
 
そもそもバーベルやダンベルで大概のトレーニングはできますが正しいフォームを作れない 
 
人の為にマシーンや、自己流筋トレが増えているのが現状です。 
 
 
ただパーソナルジムはラックとダンベルとケーブルしかないのが殆どのため、 
 
効かせたいところが効かない問題が起きてきます。 
 
 
では効かせたいところが効かない問題を攻略する為に僕が教わったのは 
 
 
・正しい姿勢を取り戻す 
 
・正しい姿勢で動く(鍛える) 
 
でした。 
 
彼にフォームを見てもらうと一秒で「どこどこが抜けてる」「崩れてる」と 
 
何度もダメだし食いまいました! 
 
徹底して教えを守るとみるみるトレーニング中の痛みが減り重量や回数が増えました。 
 
重量や回数が増えれば当然運動量も増え筋トレにもダイエットにも効果的です。 
 
私の場合は全然正しいフォームを理解していなかったのです。 
 
というより正しいフォームへの追求が甘かったのです。 
 
例えばよく見るデッドリフトの解説動画などは脊柱のニュートラルと肩甲骨のパッキングが 
 
崩れていることが殆どです。 
 
私も意識できておりませんでした。 
 
つまりとことん正しい姿勢を追求できれば基本の種目が何倍も効果的に効くようになります。 
 
 
曽根田 健一 
IG : @KENSONE817

Pick Up

日本一を目指した理学療法士がパーソナルジムに来た話①のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ