NEW

終末糖化産物について!

知らず知らずに体に蓄積されてるかも・・・! 終末糖化産物の恐ろしさ!


みなさん、こんにちは! 今日はいつまでも美しく、健康でいるためのちょっとしたお話をしたいと思います!


みなさんは、AGEsという 名前を聞いたことがあるでしょうか?
AGEs(終末糖化産物)とは、タンパク質と糖が加熱されるとできる物質です。 強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。
肌の老化やシミ、脳の老化に伴う認知症をはじめ、AGEsが血管に蓄積されると脳梗 塞や心筋梗塞などの脳血管障害、目だと白内障、骨だと骨粗鬆症など、 美容のみならず、健康にも悪影響を及ぼす物質と言われています。


AGEsを含む食べ物は私たちの周りに数多く存在しており、特に動物性脂肪食品を焼 いたり上げたような食べ物に多く含まれています。 例えば唐揚げ、フライドポテト、ホットケーキ、ワッフル、ベーコンなどに含まれています。 取り込まれたAGEsは、体 の中である程度分解されますが、約7%は蓄積されてしまうそうです。
血糖値が高い状態が長期間続くと、糖尿病の危険があるだけでなく、AGEsの蓄積長 が増えていきます。 血液中のブドウ糖が過剰にたまり、体の組織を合成するタンパク質と結合することによってAGEsが生成されるのです。


その他にも気を付けたいのが、清涼飲料水やお菓子類です。 人工甘味料の入った飲料やお菓子は、急速にAGEsを生成するため、過剰な摂取は避けましょう。


特に「果糖ブドウ糖液糖」 「果糖液糖」「異性化糖」の表示成分がある場合は注意が 必要です。 どうしても甘いものが食べたい場合は、食後のデザートとして軽く食べることをお勧めします。
また、食事の食べる順番を工夫することで吸収を抑えることができます。 サラダやキノコ、海藻類などの食物繊維を含んだ食品から食べて、最後にご飯類などの 炭水化物を摂取しましょう。


AGEsの含有量は食品ごとに差があります。
揚げ物、煮込み料理を比較すると、揚げ物の方が多くAGEs値が高くなります。 加熱してこんがり焼けたきつね色の部分に多くAGEsが発生するので、そのようなポイントに注意しましょう!
いろいろと食材やこういったことを勉強していくと、やはり辿り着くのは“いかに 自然に近い形で良い食材を取り入れられるか”ですね。

ダイエットにおいても、コンビニおにぎり、コンビニ野菜、コンビニゆでたまごなどの食事をした場合、同じメニューを自分で作って食べたほうが身体の調子が違います。
将来の体をつくるのは今の食事です!

よいチョイス、よい食材で、 いつまでも健康的でパワフル な体でいましょうー!

それではまた!!

Pick Up

終末糖化産物について!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ