NEW

荒川の小言92『ペットボトル症候群』

【この記事のキーワード】

,

こんにちは~荒川で~す。

みなさん、コーラやサイダーなどは好きですか?

また、スポーツ飲料やその他のジュースはお好きですか?

これから暑くなってきますよね。

そんなときは冷たいジュースが最高に美味しいですよね。

僕もごくたまにジュースは飲みますが、暑い日の炭酸ジュースは格別ですよね→余計喉が渇くけどw

でもちゃんと水も一緒に飲みます→チェイサー?w

さぁそこで、今回紹介するのはペットボトル症候群についてですが、

これは結構名前はちょっとふふっとなるような、むむ?っとなるようなネーミングですが

割と大変なことなのでまじめに紹介しますね!

ペットボトル症候群という名称はいわゆる俗称であり

正式にはソフトドリンクケトーシスとも呼ばれています。

糖を多く含む清涼飲料水などを大量に飲むことで高血糖にまずなります。

そのために、さっき僕が言ったようにさらに喉が渇いて、また清涼飲料水を飲むという行為を繰り返すことになります。

そうした結果、著しい高血糖となってケトーシスに至るというものであります。

1日に清涼飲料水を2〜3L飲むような生活をしていた高校生が、意識障害で病院に運ばれたケースが過去に報告されてからは、

ペットボトル症候群は社会問題としてて注目されるようになりました。

が、知っていましたでしょうか?この事実を。

現在、肥満傾向であり、糖尿病の診断をまだ受けていないものの、

喉が渇くという症状が高血糖からくるものであることを知らない方が陥りやすいものなのです。

全身のだるさや眠気、多尿、口渇感といった自覚症状が現れてから医療機関を受診し、初めて糖尿病だとわかる場合もありますので注意が必要です。

ちなみに糖尿病の治療はかなりしんどいです。

食事制限もそうですが、運動も大変だし、服薬もしなければならないし、低血糖になったときにかなり辛い、インスリン注射も自分で行わなければならない、重度になると手指の末端が壊死したり、神経障害が出たり、それによって感覚障害を起こし、怪我にも気が付かず、易感染性になっているので感染症になりやすい。

いいことなんて一つもありませんので、ジュースの飲みすぎには十分注意してくださいね~!

Pick Up

荒川の小言92『ペットボトル症候群』のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ